インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  フィリップス・コレクション展

フィリップス・コレクション展

■蒐集の歩みを追体験
アメリカで近代美術を扱う最初の美術館として開館した、フィリップス・コレクション。ダンカン・フィリップス(1886-1966)が熱心に蒐集、今では米国で最も優れた私立美術館となりました。「コレクターによる蒐集活動」に着目した展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
ペンシルベニア州の鉄鋼王を祖父に持つダンカン・フィリップス。大学在学中から芸術に関心を持ち、26歳で初めて絵画を購入しました。フィリップス・メモリアル・アート・ギャラリー(現フィリップス・コレクション)は1918年に創設、1921年に一般公開されました。

展覧会はフィリップス・コレクションの設立100周年を記念したもの。ダンカンの購入順に作品を紹介するという、ちょっと珍しい趣向で、近代美術を見続けたコレクターの活動を追体験します。

1章「1910年代後半から1920年代」。ダンカンが初期のコレクションで重視したのは、クールベとドーミエでした。また、ボナールは1925年の展覧会で見て以来、30年近く購入を続けています。

2章「1928年の蒐集 フィリップスの嗜好形成」。この年はダンカンの好みが強く反映された年で、マネ《スペイン舞踏》、ボナール《棕櫚の木》、セザンヌ《自画像》などを購入。セザンヌ《自画像》は、翌年に開館したMoMAの開館記念展に出品されています。

3章「1930年代 理想の蒐集品」。キュビスムにおいて、ダンカンはピカソよりもブラックを好みました。特に1920年代のブラックの作品を評価し、立て続けに蒐集。「フランス的センスにあふれている」と評価しています。



4章「1940年前後の蒐集」。戦乱の時代でも熱心に蒐集を続け、1944年には初めてカンディンスキーを入手。1948年には美術館の名称をフィリップス・ギャラリーに変更しました。

5章「第二次大戦後」。ダンカンの蒐集は、自らの意思が最優先。そのため、画家の特徴的な画題には、必ずしもこだわりません。例えば、ゴーガンの《ハム》を1951年に入手する一方で、タヒチ時代のゴーガン作品は手放しています。

6章「ドライヤー・コレクションの受け入れと晩年の蒐集」。蒐集家のキャサリン・ドライヤーと知り合ったのは1941年。ドライヤーの死後、遺品の寄贈を受けました。ただし、受け入れたのは、カンディンスキーやマルクなど17点のみ。なんとブランクーシの彫刻は拒否しています。

最後は7章「ダンカン・フィリップスの意志」。講演や評論も行うなど、モダン・アートの普及に努めたダンカン。1961年には美術館の名称が現在のフィリップス・コレクションになりました。最終章に展示されているドガとロダンは、ダンカンが没した後にコレクションに加わったものです。

私邸を美術館として公開したダンカン・フィリップス。小さな部屋が連続する三菱一号館美術館での展覧会は、ダンカンが目指したスタイルに近いかたちといえます。ひとつひとつの作品とじっくりと対話するようにお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月16日 ]

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむカフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ

青い日記帳(監修)

世界文化社
¥ 1,728

料金一般当日:1,700円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/
展覧会詳細へ フィリップス・コレクション展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社