インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀

江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀

■混ざり合う「雅」と「俗」
【会期は12/16まで】 1603年の江戸開府から約100年。元禄年間(1688-1704)には江戸の人口が100万人を突破、大坂・京都もそれぞれ都市化が進み、多様な文化が成熟していきました。18世紀の江戸美術を「雅」と「俗」から読み解く企画展が、出光美術館で開催中です。
日本における文化芸術の両極といえる「雅」と「俗」。雅は漢文学・和歌など伝統的文芸、俗は俳諧・歌舞伎などの新興芸能を象徴するものですが、雅と俗は対立する観念ではなく、さまざまなところで混在し、一方が他方を補って成立している場面もしばしば見られます。

「文雅」をキーワードに、雅俗が融和した18世紀の江戸絵画を展観する本展。出光美術館の館蔵品を中心に、約50件を5章構成で紹介しています。

第1章は「孤高の美学 ― 大雅・蕪村の競演」。文人(中国の高級官僚)が余技で描いた、文人画。プロの作品ではなく、画家の精神性が強く現れる事から、江戸時代の画家たちにとっては憧れの境地でした。ただ、日本に文人階級は無く、18世紀を代表する池大雅や与謝蕪村らがこれを模し、知的で味わいのある日本流の文人画を完成させています。

大雅と蕪村は同時代に活躍し、互いに交流を持っていました。二人の画風を比較すると、健康的で明るい色調を好んだのが大雅、シックで日本的情緒が強いのが蕪村です。

第2章は「文雅の意匠 ― 琳派のみやび」。琳派はデザイン面が強調されがちですが、きらびやかな描写は、古典=雅の理解を踏まえて成立しています。伝尾形光琳《禊図屏風》は、川辺で禊(みそぎ)をする男性がモチーフ。かなわぬ恋心を洗い清めようとする、伊勢物語からの引用と見なされます。



第3章「禅味逍遥」には、ユーモラスな表現の禅宗絵画が。禅宗では民衆への布教のため、分かりやすい絵説きが重用されました。自由闊達な禅画には、知識人たちが目指した「古拙」を感じ取る事ができます。

第4章は「王朝文化への憧れ」。俗そのもののように思える浮世絵にも、雅の側面があります。勝川春章《美人鑑賞図》は、中国で文人の集まりを描いた雅集図の構成に倣ったもの。画面の上部には、大和絵に見られる「すやり霞」も配されています。

最後の第5章は「幻想の世界へ」。次の時代への継承として谷文晁や浦上玉堂らが紹介されていますが、ひときわ目立つのが《群仙図屏風》。躍動感あふれる右隻は岸駒、穏やかな左隻は呉春による作画です。

公式サイトでも紹介されていますが、日程が合うなら担当学芸員の「列品解説」がオススメです。時間より早めに行って、まずは自分だけで観覧した後に、担当者の解説を聞けば、より理解が深まると思います。入館料のみで参加可能、事前申し込みも不要です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月15日 ]


 
会場出光美術館
開催期間2018年11月3日(土・祝)~12月16日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://idemitsu-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社