インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―

生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―

■西に関雪、東に林響
【会期終了】 明治末から昭和はじめに活躍した日本画家・石井林響(1884-1930)。若い頃から評価されましたが、文人画への傾倒から房総の山里に移住。新たな画境を進み始めた矢先に、45歳で急逝しました。生誕135年を記念した回顧展が、千葉市美術館で開催中です。
房総で生まれ、房総の人に支えられ、房総で亡くなった石井林響。まさに千葉で紹介するに相応しい画家です。千葉県立美術館では1990年に大規模展が開催されていますが、千葉市美術館での本展は、それをしのぐ出品数となりました。

石井林響(本名:毅三郎)は、千葉県土気本郷町(現千葉市)生まれ。はじめは洋画を志すも「親しみを得ない」として日本画の道に進み、橋本雅邦の門生に。初期は「天風」の号を名乗っていました。

初期に得意としたのが、可憐な表情の人物が印象的な歴史画。俊才の誉れ高く、順調なスタートを切りました。安田靫彦らとともに伊豆・修善寺温泉に長期間滞在し、画道を研鑽。結婚後は南品川に住まいを構え、色鮮やかな風景画や田園風俗画など、さまざまな画風を試みました。

林響を支えたのが「画会」。会費を募って画家を中心とした催しを行い、作品を頒布する後援会システムです。いわば「売り絵」と言えますが、望まれるものを何でも描く姿勢は、画家としての基礎体力を向上させました。林響はいくつもの画会を持ち、特に房総出身者の人々に支えられています。



号を「林響」に変えたのは大正8年。帝展などで活躍を続けますが、徐々に画壇とは距離を置くようになります。

その頃、林響を魅了したのが、古画に見られる文人の世界です。同時代の画家たちの中でも、特に目利きとして知られた林響は、浦上玉堂をひいきとしたほか、中国・清時代の石濤による珠玉の名画《黄山八勝画冊》を苦労して入手。伊藤深水ら周辺の画家にその世界を紹介するとともに、自らの画業も文人画に向かっていきます。

大正15年には千葉県大網町(現大網白里町)に移住、自ら画房「白閑亭」を設計しています。愛禽家だった林響は、キジ科の鳥であるハッカン(白鷴)のほか、50種もの鳥を飼っていました。

ついに自由に楽しんで描く境地に到達した林響。昭和2年の第8回帝展に出品された《野趣二題 枝間の歌・池中の舞》は、文人画時代の最高峰といえる作品です。「西に(橋本)関雪あり、東に林響あり」と称賛され、帝展の委員に上り詰めました。

ただ、残された時間は長くありませんでした。白閑亭に移って3年も経たずに、脳出血で危篤に。奇跡的に快方に向かうも翌年再び脳出血で倒れ、45歳の短い生涯を閉じました。

告別式を営んだ本堂からは人が溢れたという石井林響。短い画業でしたが多くの人に愛され、幸せな人生だったといえるでしょう。墓碑は安田靫彦が設計しています。

千葉市美術館だけでの単独開催ですが、日本画好きなら見逃せません。会期中に一部の作品が展示替えされますので、ご注意ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月28日 ]

生誕135年 石井林響生誕135年 石井林響

千葉市美術館(著)

美術出版社
¥ 2,500

 
会場千葉市美術館
開催期間2018年11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2018/1123/1123.html
展覧会詳細へ 生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ― 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社