インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「タータン 伝統と革新のデザイン」展

「タータン 伝統と革新のデザイン」展

■タータンは、チェックではありません
【会期終了】 ファッションだけでなく、インテリアや雑貨でも良く目にする格子縞の模様、タータン。日本では「タータン・チェック」ですが、まず、その呼び方が間違っています。意外と知られていないタータンの歴史や社会的、文化的背景を紹介する展覧会が、三鷹市美術ギャラリーで開催中です。
最初に、タータンとチェックの違いについて。タータンは「2色以上の糸をつかい、それらの糸が直角に交わる格子柄である」「たて糸とよこ糸につかう糸の色と数が同じで、基本パターンが繰り返される」が条件です。

一方のチェックは、日本では格子柄全般を指しますが、英語圏では「チェス盤のような市松模様」か「正統なタータンではないもの」のこと。つまり「タータン・チェック」という呼称は、完全に矛盾している事になります。

展覧会は、このような定義も含め、タータンについて幅広く紹介する企画です。神戸ファッション美術館で開幕し、三鷹市美術ギャラリーが2館目、首都圏では唯一の開催となります。

現在のタータンは登録制という事も、あまり知られていないでしょう。2008年に制定された「スコットランド・タータン登録法」により、公的な組織が登録・管理しています。

タータンの起源はケルト人にまでさかのぼります。その後、スコットランドの北西部・ハイランド地方で発展しました。本来は日常着として用いられており、この地方を象徴する存在といえますが、それが仇になり、タータンは受難の歴史を辿る事となります。

英国王位を巡る争いから、ハイランド人が1715年から数度に渡って蜂起(ジャコバイトの反乱)。鎮圧した政府軍は、二度とこのような事が興らないようにと、ハイランド文化そのものの衰退を図りました。1746年に通称「衣類禁止法」が制定され、なんとタータンは使用が禁じられてしまうのです。

ただその間も、ハイランド連隊に属する軍人はタータンが着用できました。諷刺画家ジョン・ケイによる版画にも、タータンを着用した軍人が描かれています。

禁止法は1782年に撤廃。美しく汎用性が高いタータンは、世界中に広まって行く事となります。



目的や用途によって、タータンはいくつかの種類に分けられます。スコットランドの由緒ある氏族(クラン)に由来するクラン・タータン、地域由来のディストリクト・タータン、軍隊用のミリタリー・タータンなど。企業が作成したコーポレート・タータンでは、日本の企業も多くのタータンを登録しています。

現在でもタータンは、とても身近なデザインです。会場にはスコットランドで活躍する6人のデザイナーによるドレスが展示。会場最後には、スコットランドのブランド「アンタ(ANTA)」による、タータン尽くしの製品も並びます。

日本にタータンが入ってきたのは明治以降です。洋装の普及でタータンも広まりますが、顕著になったのは戦後です。

1960年代のアイビー・ファッションのブームで、若い男性に拡大。70年代のアイドル・バンド、ベイ・シティ・ローラーズは、メンバーがそれぞれクラン・タータンを着用し、その人気は「タータン・ハリケーン」と呼ばれました。

80年代中頃には学校制服にタータンを採用する私立学校が増加します。伝統的でありながら、新しいイメージも出す事ができるタータンは、制服にぴったり。その流れは、アイドルのAKBや坂道シリーズの衣裳にも踏襲されていると言えます。

ファッショナブルなドレスが並ぶ、とても華やかな展覧会です。三鷹市美術ギャラリーとしては異色の展覧会ですが、平易な解説で、年代を問わずにお楽しみいただけます。

東京展の後は、岩手、福岡、新潟と巡回します。会場と会期はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年12月21日 ]

タータン 伝統と革新のデザインタータン 伝統と革新のデザイン

三鷹市美術ギャラリーほか(著,監修)

青幻舎
¥ 2,500

 
会場三鷹市美術ギャラリー
開催期間2018年12月8日(土)~2019年2月17日(日)
所在地 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5F
TEL : 0422-79-0033
HP : http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/event/20181208/
展覧会詳細へ 「タータン 伝統と革新のデザイン」展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社