インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  クリムト展 ウィーンと日本 1900

クリムト展 ウィーンと日本 1900

■初期から晩年まで、クリムトのすべて
【会期終了】 装飾的な作品で、国内外で高い人気を誇るグスタフ・クリムト(1862-1918)。昨年、没後100年を迎えた事を記念し、日本では過去最多となる25点以上のクリムトの油彩画が揃いました。ウィーン世紀末の精華を堪能できる展覧会が、東京都美術館で開催中です。
今年は日本とオーストリア友好150周年。クリムトやウィーン世紀末に焦点を当てた大きな展覧会が、相次いで開催されます。

本展は、ずばりクリムト展。初期から晩年までクリムトの傑作が揃います。

クリムトは1862年、ウィーン生まれ。7人兄弟の長男です。14歳でウィーンの美術工芸学校に入学。修行時代はアカデミックな教育を受け、画家としての基礎力を身に付けました。

在学中に、弟のエルンスト、同級生のフランツ・マッチェとともに「芸術家カンパニー」を結成。劇場装飾などを手がけます。

ただ、クリムトが30歳の時に弟エルンストは急逝。同年には父も亡くなっており、相次ぐ不幸はクリムトの創作にも影響を与える事となります。



クリムトは生涯独身でしたが、子どもは少なくとも14人いたとされています。母親の多くは、アトリエに出入りするモデルでした。

クリムトが最も信頼していた女性は、弟エルンストの妻の妹、エミーリエ・フレーゲです。ふたりはプラトニックとされていましたが、近年、深い関係を伺わせる手紙も見つかりました。会場では、その手紙も展示されています。

8章構成の本展で、メインといえるのが第5章「ウィーン分離派」。多くの人がイメージする、クリムトの典型例な作品が並びます。

保守的なウィーン造形芸術家協会に反発して、1897年に結成されたウィーン分離派です。初代会長がクリムトでした。分離派会館の新設に際しては、ウィーン市から土地が無償で提供されるなど、為政者側とも関係は良好でした。

《ユディトⅠ》はクリムトの代表作。 豪華な装身具を身に付けながら、裸身をさらして誘惑するユディト。油彩画に初めて本物の金箔を用いた作品とされています。

全長34メートルの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》も、見どころのひとつです。ベートーヴェンの交響曲第9番から着想した作品で、絵画・彫刻・建築・美術工芸・詩・音楽を総合的に融合しました。原寸大複製ですが、現地と同様にコの字型で展示されており、雰囲気を楽しめます。

クリムトの創作テーマのひとつが「生命の円環」。老や死も臆する事なく描くように、ありのままの女性や、男女が愛し合うさまは、クリムトにとって生命そのものの表現ともいえます。

《女の三世代》は、初来日。赤ん坊、若い女性、老女と、人生の三段階を描きました。酸化して黒ずんでいますが、背景は銀箔と思われます。

1918年の1月に、55歳で亡くなったクリムト。奇しくもこの年は、エゴン・シーレ(画家)、コロマン・モーザー(デザイナー)、オットー・ワーグナー(建築家)も死去。そして、オーストリア=ハンガリー帝国は第一次世界大戦に敗れて崩壊したのもこの年です。

まるでクリムトの死が引き金になったように、オーストリアは歴史と文化の両面で、大きな転換期を迎える事となりました。

東京展の後に、豊田市美術館に巡回します(7/23~10/14)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月22日 ]

プレミアム美術館 クリムトプレミアム美術館 クリムト

朝日新聞出版 (編集)

朝日新聞出版
¥ 832

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京都美術館 企画展示室
開催期間2019年4月23日(火)~7月10日(水)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-3823-6921
HP : https://klimt2019.jp/
展覧会詳細へ クリムト展 ウィーンと日本 1900 詳細情報
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社