インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  クリムト展 ウィーンと日本 1900

クリムト展 ウィーンと日本 1900

■初期から晩年まで、クリムトのすべて
【会期終了】 装飾的な作品で、国内外で高い人気を誇るグスタフ・クリムト(1862-1918)。昨年、没後100年を迎えた事を記念し、日本では過去最多となる25点以上のクリムトの油彩画が揃いました。ウィーン世紀末の精華を堪能できる展覧会が、東京都美術館で開催中です。
今年は日本とオーストリア友好150周年。クリムトやウィーン世紀末に焦点を当てた大きな展覧会が、相次いで開催されます。

本展は、ずばりクリムト展。初期から晩年までクリムトの傑作が揃います。

クリムトは1862年、ウィーン生まれ。7人兄弟の長男です。14歳でウィーンの美術工芸学校に入学。修行時代はアカデミックな教育を受け、画家としての基礎力を身に付けました。

在学中に、弟のエルンスト、同級生のフランツ・マッチェとともに「芸術家カンパニー」を結成。劇場装飾などを手がけます。

ただ、クリムトが30歳の時に弟エルンストは急逝。同年には父も亡くなっており、相次ぐ不幸はクリムトの創作にも影響を与える事となります。



クリムトは生涯独身でしたが、子どもは少なくとも14人いたとされています。母親の多くは、アトリエに出入りするモデルでした。

クリムトが最も信頼していた女性は、弟エルンストの妻の妹、エミーリエ・フレーゲです。ふたりはプラトニックとされていましたが、近年、深い関係を伺わせる手紙も見つかりました。会場では、その手紙も展示されています。

8章構成の本展で、メインといえるのが第5章「ウィーン分離派」。多くの人がイメージする、クリムトの典型例な作品が並びます。

保守的なウィーン造形芸術家協会に反発して、1897年に結成されたウィーン分離派です。初代会長がクリムトでした。分離派会館の新設に際しては、ウィーン市から土地が無償で提供されるなど、為政者側とも関係は良好でした。

《ユディトⅠ》はクリムトの代表作。 豪華な装身具を身に付けながら、裸身をさらして誘惑するユディト。油彩画に初めて本物の金箔を用いた作品とされています。

全長34メートルの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》も、見どころのひとつです。ベートーヴェンの交響曲第9番から着想した作品で、絵画・彫刻・建築・美術工芸・詩・音楽を総合的に融合しました。原寸大複製ですが、現地と同様にコの字型で展示されており、雰囲気を楽しめます。

クリムトの創作テーマのひとつが「生命の円環」。老や死も臆する事なく描くように、ありのままの女性や、男女が愛し合うさまは、クリムトにとって生命そのものの表現ともいえます。

《女の三世代》は、初来日。赤ん坊、若い女性、老女と、人生の三段階を描きました。酸化して黒ずんでいますが、背景は銀箔と思われます。

1918年の1月に、55歳で亡くなったクリムト。奇しくもこの年は、エゴン・シーレ(画家)、コロマン・モーザー(デザイナー)、オットー・ワーグナー(建築家)も死去。そして、オーストリア=ハンガリー帝国は第一次世界大戦に敗れて崩壊したのもこの年です。

まるでクリムトの死が引き金になったように、オーストリアは歴史と文化の両面で、大きな転換期を迎える事となりました。

東京展の後に、豊田市美術館に巡回します(7/23~10/14)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月22日 ]

プレミアム美術館 クリムトプレミアム美術館 クリムト

朝日新聞出版 (編集)

朝日新聞出版
¥ 832

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京都美術館 企画展示室
開催期間2019年4月23日(火)~7月10日(水)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-3823-6921
HP : https://klimt2019.jp/
展覧会詳細へ クリムト展 ウィーンと日本 1900 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社