インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

■ショーン・タン、日本初の大規模個展です
【会期終了】 絵本作家・いわさきちひろ(1918-1974)の居住跡地に建つ、ちひろ美術館・東京は、世界で初めての絵本美術館です。「アライバル」で知られるオーストラリアの作家、ショーン・タン(1974-)の、日本初の大規模個展が開催中です。
1974年、ショーン・タンは、西オーストラリア州に生まれました。一貫してタンが描く作品の世界観は、何かが失われ、ほころびが生じた世界。この作風は、マレーシアから西オーストラリアに移住したタンの父親の経歴が影響を与えています。

本展では、タンが初めて絵と文章を手掛けた絵本「ロスト・シング」などの原画や立体作品、映像を含む、約130点の作品を紹介。タンならではといえる、独創的な絵本作りの秘密に迫ります。

企画展は、2階の展示室2と1階の展示室4で開催。まずは2階の展示室2から。ここでは、タンの創作の出発点ともいえる、独自の視点で風景を切り取った油絵作品や、代表作「アライバル」の原画と絵コンテやスケッチ、資料が展示されています。

2006年に発表された「アライバル」は、移民をテーマにした文字のないグラフィック・ノベル。128ページ・全6章におよぶ本作は、制作に約5年の歳月を費やした超大作です。その独創的な世界観と表現方法で大きな反響を呼び、23の言語で刊行されています。

タンは、「アライバル」を描くにあたり、自然物をあるがままに再現しようとする、自然主義的な描写を選択しました。ヴィットリオ・デ・シーカ監督の映画「自転車泥棒」(1948年)や、サイレント映画からも着想を得たといいます。



1階の展示室4では、ショーン・タンのアトリエが再現展示されています。美術館スタッフが実際にオーストラリアに渡り、調査した上で再現されたアトリエは、臨場感がありました。

2011年のアカデミー賞で、短編アニメーション部門を受賞した「ロスト・シング」も紹介。こちらは映像と原画どちらも見ることができます。

「ロスト・シング」は、ある夏の日に少年が浜辺で出会った迷子の居場所を探す物語です。しかしその迷子は、だるまストーブの胴体に、手はカニ、ストーブのフタから出てくるタコかイカのような足と…不思議な生物。タンは作中に不思議な生物を多く描いています。

作品からは豊かなインスピレーションを感じますが、パネルで紹介されているタンの言葉は、やや意外です。「自分の作品について語るとき、“インスピレーション”という言葉を使うのには、いつもためらいがある」。

また、制作にあたり、タンはあらかじめイメージを組み立ててから描くのではなく、描きながら考えていくと語っています。《理性》、《情熱》など、タンの自由な発想で生み出された不思議な生物の立体作品も展示されています。

ショーン・タン初のミュージアムグッズが販売されている、ミュージアムショップもお見逃しなく。東京展終了後、京都へ巡回します。詳しい会場と会期はこちらをご覧ください。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年5月13日 ]

ショーン・タンの世界ショーン・タンの世界

ショーン・タン (著),ちひろ美術館 (監修)

求龍堂
¥ 2,700

 
会場ちひろ美術館・東京
開催期間2019年5月11日(土)~7月28日(日)
所在地 東京都練馬区下石神井4-7-2
TEL : 03-3995-0612
HP : http://www.artkarte.art/shauntan/
展覧会詳細へ ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ 詳細情報
取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社