インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟

■御舟の作品、全点展示は10年ぶりです
【会期終了】 近代日本画のコレクションで知られる山種美術館。創立者・山﨑種二(1893-1983)が愛した画家、速水御舟(1894-1935)の収蔵作品は120点に及びます。「御舟美術館」としても親しまれている同館で、御舟生誕125年を記念する展覧会が開催中です。
速水御舟は1894年に、東京・浅草で生まれました。本名は蒔田栄一で、のちに母方の祖母・速水キクの養子となり、速水に改姓します。雅号「御舟」は、俵屋宗達の《源氏物語関屋澪標屏風》(静嘉堂文庫美術館蔵)に由来し、自らつけたものです。

1908年に松本楓子(1840-1923)の安雅堂画塾に入門した御舟。1932年9月の「美術評論 院展号」では、「楓子先生という方は、大変自由な、放任主義でしてね、何も言わないんですな、ただむやみに模写をやらせるんですな」と、師について語っています。

模写で学んだ伝統的な技法は、以後、御舟の制作の基礎となります。御舟は、初期の南画風の作風から、細密描写、象徴的作風、写実と装飾を融合した画風へと次々と変化させ、画壇に新しい風を常に送り込んでいました。


会場風景・《炎舞》(重要文化財)大正14年 山種美術館所蔵

山種美術館創立者・山﨑種二は御舟と同年代ですが、御舟が腸チフスにより40歳で早世したため、直接交流することが叶いませんでした。しかし、種二はその芸術を愛し、機会があるごとに御舟作品を蒐集しました。

1976年には安宅コレクションから御舟作品が一括購入。すでに所蔵していた作品もあわせて計120点の御舟作品を所蔵する山種美術館は、以降「御舟美術館」として親しまれています。

本展では、山種美術館が所有する全ての御舟作品を、前期(6/8-7/7)と後期(7/9-8/4)に分けて展示。すべて公開されるのは、山種美術館が現在の渋谷区広尾に開館した2009年以来、10年ぶりです。

京都・昆陽山地蔵院(俗称・椿寺)の五色散り椿を描いた《名樹散椿》(重要文化財)。背景の金地は金箔でも金泥でもなく、「撒きつぶし」という技法によるもの。金砂子を何度も撒いて整えたため、光沢が抑えられています。

展示室入口左側の小部屋で紹介される《炎舞》(重要文化財)。暗がりの部屋にライトアップされて浮かんだ炎が印象的です。《炎舞》は、1925年の夏に御舟が軽井沢に滞在した時に描かれた作品。毎晩のように焚き火をし、群がる蛾を観察したといいます。

御舟の2つの重要文化財、《炎舞》と《名樹散椿》(前期展示)が同時公開されるのは、2016年の「速水御舟展」以来、3年ぶりです。お見逃しなく。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年6月10日 ]

フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館

ソフィー・リチャード(著),山本 やよい(翻訳)

集英社インターナショナル
¥ 2,376

 
会場山種美術館
開催期間2019年6月8日(土)~8月4日(日)
所在地 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.yamatane-museum.jp/
展覧会詳細へ 【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社