インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

■21年ぶりの大規模展
【会期終了】 フランスが誇る美の殿堂・オランジュリー美術館から、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソ、モディリアーニなど、13人の作品・計69点が来日しました。これほどの規模で同館のコレクションが日本で見られるのは、実に21年ぶり。横浜美術館の開館30周年を記念した展覧会です。
パリのセーヌ川岸に建つ、オランジュリー美術館。元はチュイルリー宮の庭園に建てられたオレンジ温室を改修したもので、美術館の名前もそれに由来します。

充実したコレクションの礎を築いたのは、画商のポール・ギヨームです。自動車修理工だったギヨームは、アフリカ彫刻への関心から芸術家と親しく交わるようになり、自ら画廊を開設してコレクターに。ギヨームが亡くなった後は、妻のドメニカがコレクションに手を加え、最終的にはフランス政府に譲渡されました。

同館の所蔵作品のほとんどは常設展示されており、館外にまとめて貸し出される機会はあまりありません。日本では、1998年に開催された「パリ・オランジュリー美術館展」以来となります。

展覧会はギヨーム夫妻の肖像で始まった後は、作家別に作品が並びます。順路に沿って、いくつかご紹介しましょう。



ポール・セザンヌは、20世紀の美術にも大きな影響を与えた、近代絵画の先駆者。《りんごとビスケット》は、セザンヌの傑作のひとつです。セザンヌは「りんごでパリを征服する」と、静物画の復権を目指していました。

パリの税関の職員で、余暇に絵を描いていたのが、通称「税関吏」ことアンリ・ルソー。素朴派の代表的な画家ですが、自身は「粘り強い作業」によって描いたと語っています。

本展のメインが、オーギュスト・ルノワール。モネやシスレーらとともに、屋外で絵を描きました。サロンで成功した後は印象派から離れ、後年には伝統的な手法も試しています。

《ピアノを弾く少女たち》は、最も有名なルノワール作品のひとつです。ルノワールは、同様の構図の油彩画やパステル画を、少なくとも6点は描いています。オルセー美術館蔵の作品も有名ですが、本作のほうが表情が柔らかく見えます。

ポール・ギヨームの妻、ドメニカが高く評価していた、アンドレ・ドラン。フォーヴィスム(野獣派)の画家ですが、後年には伝統へ回帰しました。フランス絵画の正統な後継者とされ、国際的な名声も獲得しましたが、その力はナチス・ドイツに利用されてしまいます。

ユトリロは、美術モデル兼画家だったシュザンヌ・ヴァラドンの庶子。アルコール依存の治療の一環としてはじめたのが、絵画でした。モンマルトルの街を描いた作品が有名で、画業の頂点とされる「白の時代」の作品も出展されています。

展覧会では、当時の美術界にポール・ギヨームと妻ドメニカが与えた影響ついても説明されています。ギヨームはモディリアーニにアトリエを与えるなど、当時は無名だった作家も積極的に支援しています。

ギヨームは自ら美術館をつくる夢は叶いませんでしたが、その死に際して創設された「ポール・ギヨーム友の会」は、マティス、ピカソ、ドラン、ブラックらが名を連ねるほど。その存在の大きさを物語っています。

横浜美術館開館30周年の記念展なので、巡回はありません。会期は約4カ月と長めですが、お見逃しなく。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月20日 ]

Auguste Renoir(ルノアール) (ちいさな美術館シリーズ)Auguste Renoir(ルノアール) (ちいさな美術館シリーズ)

(著)オーギュスト・ルノワール

青幻舎
¥ 1,296

 
会場横浜美術館
開催期間2019年9月21日(土)~2020年1月13日(月・祝)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://yokohama.art.museum/
展覧会詳細へ オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社