インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

■21年ぶりの大規模展
フランスが誇る美の殿堂・オランジュリー美術館から、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソ、モディリアーニなど、13人の作品・計69点が来日しました。これほどの規模で同館のコレクションが日本で見られるのは、実に21年ぶり。横浜美術館の開館30周年を記念した展覧会です。
パリのセーヌ川岸に建つ、オランジュリー美術館。元はチュイルリー宮の庭園に建てられたオレンジ温室を改修したもので、美術館の名前もそれに由来します。

充実したコレクションの礎を築いたのは、画商のポール・ギヨームです。自動車修理工だったギヨームは、アフリカ彫刻への関心から芸術家と親しく交わるようになり、自ら画廊を開設してコレクターに。ギヨームが亡くなった後は、妻のドメニカがコレクションに手を加え、最終的にはフランス政府に譲渡されました。

同館の所蔵作品のほとんどは常設展示されており、館外にまとめて貸し出される機会はあまりありません。日本では、1998年に開催された「パリ・オランジュリー美術館展」以来となります。

展覧会はギヨーム夫妻の肖像で始まった後は、作家別に作品が並びます。順路に沿って、いくつかご紹介しましょう。



ポール・セザンヌは、20世紀の美術にも大きな影響を与えた、近代絵画の先駆者。《りんごとビスケット》は、セザンヌの傑作のひとつです。セザンヌは「りんごでパリを征服する」と、静物画の復権を目指していました。

パリの税関の職員で、余暇に絵を描いていたのが、通称「税関吏」ことアンリ・ルソー。素朴派の代表的な画家ですが、自身は「粘り強い作業」によって描いたと語っています。

本展のメインが、オーギュスト・ルノワール。モネやシスレーらとともに、屋外で絵を描きました。サロンで成功した後は印象派から離れ、後年には伝統的な手法も試しています。

《ピアノを弾く少女たち》は、最も有名なルノワール作品のひとつです。ルノワールは、同様の構図の油彩画やパステル画を、少なくとも6点は描いています。オルセー美術館蔵の作品も有名ですが、本作のほうが表情が柔らかく見えます。

ポール・ギヨームの妻、ドメニカが高く評価していた、アンドレ・ドラン。フォーヴィスム(野獣派)の画家ですが、後年には伝統へ回帰しました。フランス絵画の正統な後継者とされ、国際的な名声も獲得しましたが、その力はナチス・ドイツに利用されてしまいます。

ユトリロは、美術モデル兼画家だったシュザンヌ・ヴァラドンの庶子。アルコール依存の治療の一環としてはじめたのが、絵画でした。モンマルトルの街を描いた作品が有名で、画業の頂点とされる「白の時代」の作品も出展されています。

展覧会では、当時の美術界にポール・ギヨームと妻ドメニカが与えた影響ついても説明されています。ギヨームはモディリアーニにアトリエを与えるなど、当時は無名だった作家も積極的に支援しています。

ギヨームは自ら美術館をつくる夢は叶いませんでしたが、その死に際して創設された「ポール・ギヨーム友の会」は、マティス、ピカソ、ドラン、ブラックらが名を連ねるほど。その存在の大きさを物語っています。

横浜美術館開館30周年の記念展なので、巡回はありません。会期は約4カ月と長めですが、お見逃しなく。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月20日 ]

Auguste Renoir(ルノアール) (ちいさな美術館シリーズ)Auguste Renoir(ルノアール) (ちいさな美術館シリーズ)

(著)オーギュスト・ルノワール

青幻舎
¥ 1,296

 
会場横浜美術館
開催期間2019年9月21日(土)~2020年1月13日(月・祝)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://yokohama.art.museum/
展覧会詳細へ オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社