インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち

ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち

■「元年者」から150年
【会期終了】 日本人にとって、最も身近なアメリカといえるハワイ。ホノルルでは日本人観光客とともに、ハワイ在住の日系人の姿も数多く見られます。日本人がハワイに移住してから150年、その歴史をたどる展覧会が、国立歴史民俗博物館で開催中です。
まずはハワイそのものの歴史をおさらい。ハワイにたどり着いた初めての西洋人は英国人のジェームズ・クックで、1778年。カメハメハ1世(大王)がハワイ王国を建国したのは1795年です。

ハワイには江戸時代にジョン万次郎も行きましたが、集団での本格的な移住は1868年の事です。サトウキビ農場の労働力として日本人が集められ、約150人がハワイに渡りました。彼らは明治元年にちなんで「元年者」と呼ばれます。

1885年からは、ハワイ王国と日本政府が公認する集団労働移民「官約移民」がスタート。彼らは3年間の出稼ぎ労働者で、契約が終わると日本に戻る人がいる一方、ハワイに定住する人もいました。

ハワイにおける日本人労働者の典型的なイメージが、ジョセフ・D・ストロングの《明治拾八年に於ける布哇砂糖耕地の情景》。のどかな農園の油彩ですが、実際の労働はほとんど休憩時間無し、鞭で打たれる事もあるなど、描かれているよりも厳しい環境でした。

そんな状況から身を立てたのが、陸奥国生まれの大槻幸之助です。官約移民の農場労働者から一歩ずつ歩を進め、日本人労働者向けの「大槻商店」を開業。経済的な成功をおさめています。



時代が下ると、日本人移民の子孫が増加。アメリカ本土では日本人・日系人が増えた事で、排日運動が深刻化してきます。事態を鎮静化する目的で、日米紳士協約が締結。家族の呼び寄せを除き、労働目的でのハワイへの移住は出来なくなりました。

契約労働の後にもハワイ定住を選んだ日本人は、徐々に都市部に移住していきます。ダウンタウンの東側には日本人街が発展していきました。

このような状況のなか、最盛期の1930年代には、ハワイ全体で日本人・日系人が占める割合が37.9%に到達。3人に1人を超えるまで、日本人・日系人の存在感は高まりました。

世界各地からさまざまな人が集まり、独特の社会が形成されていったハワイに大きな衝撃が走ったのは、1941年12月7日(現地時間)。日本軍による真珠湾奇襲攻撃です。

戒厳令下におかれたハワイ。一部の日本人・日系人が拘束・拘留される一方で、全ての住民はアメリカ人としての生き方を求められました。移民やその子孫は、さまざまな矛盾に苦しみながら、決断を強いられていったのです。

大戦後のハワイは労働運動が活発化し、政治的にも共和党から民主党が優勢に。そして1959年には準州から州に昇格しました(立州)。

実は白人が少ない事もあり、ハワイの立州には反対論もありましたが、これを封じ込めたのが大戦における日系人兵士の活躍です。アメリカの寛容さをアピールする狙いもあって、立州が認められました。

もともと出稼ぎ労働者だった元年者が、結果として移民になったように、実は移民の定義はあいまいです。例の大統領を筆頭に自国第一主義が強くなり、否定的なニュアンスで使われる事が増えた「移民」と社会の関係について、あらためて考えさせられました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月28日 ]

ハワイを拓いた日本人 伊達な男たちの挑戦ハワイを拓いた日本人 伊達な男たちの挑戦

 中込眞澄(著)

幻冬舎
¥ 1,320

 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2019年10月29日(火)~12月26日(木)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp
展覧会詳細へ ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社