インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  画家が見たこども展

画家が見たこども展

■こどもに戻ろう
【当面の間、臨時休館】19世紀末、パリで起きた芸術運動の一つである「ナビ派」。公園や庭などの自然の光景と生き生きとした人々を主題として描いた画家たち。その中でも、「こども」に焦点をあてた展覧会が三菱一号館美術館で開催中です。
2020年に開館10周年となる三菱一号館美術館。明治期の洋風事務所建築だった三菱一号館をもとにした同館は、小さな部屋がつながるような独特の形状で、多くの美術ファンを楽しませています。

本展覧会は19世紀パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」に注目。ナビ派の画家たちは、都市とその活気、とりわけ大通りの活気に魅了された都会人で、街路で繰り広げられる光景を注意深く見ている観察者でした。そんな彼らが追求した親密なテーマの中から、「こども」に焦点をあて、都市生活や近代芸術と「こども」との関係を探ります。

会場に入り、最初に目に留まるのは、ブーテ・ド・モンヴェルの《ブレのベルナールとロジェ》。絵本画家でもあるモンヴェルが自身の二人のこどもをモデルにした作品です。挿絵と同様、モティーフを単純化したフラットな画面構成が特徴。主役のこども二人の純粋さや無垢なあどけなさが描き出されています。



ピエール・ボナールは、豊かな色彩で庭や自然を描いています。その中で会話を楽しみ、遊ぶ人々。特に、妹のアンドレのこどもたちを多くの作品の題材に取り上げました。また、「日本かぶれのナビ」と呼ばれているボナール。渋い色彩や洋服の柄、浮世絵で見られる構図が用いられ、日本美術から影響を受けた事が分かります。

一方、フェリックス・ヴァロットンは、他の作家とは異なる視点でパリの街並みを描いています。白と黒のみで構成されたデザイン性の高い木版画。パリで起きた事件やデモ、階級格差などの社会問題をテーマとした風刺作品を生み出します。皮肉やユーモアがあふれる中に、こどもたちは目撃者としていたるところに登場します。

こどもをとりまく「家族」も、主題として取り上げられました。9人ものこどもをもつモーリス・ドニの作品では、こどもの世話をする愛情に満ちた母親も数多く登場します。カトリック信者でもあるドニは、「祈る聖母像」を連想させる作品や、神聖なイメージとして沐浴の場面を多く描いたと言われています。

こどもを描くだけでなく、こどもたちの活動にも関心を抱くようになると、塗り絵や楽譜、物語の挿絵などもつくられました。また、新しい技術として写真による記録も残されています。ボナールやドニは、手軽なカメラを持ち運び、身の回りのこどもたちや、家族の写真を残しました。特にドニは、写真をヒントに光やフレーミングなどの視覚的効果を絵画の制作にも活かしていきます。

エピローグでは、ボナールの晩年の作品を紹介。ナビ派の中でほぼ唯一、第二次世界大戦を生き残ったボナール。南仏のル・カネのアトリエに籠り、日常のささやかな情景や風景を描きます。その中で、例外的に描かれた数点の作品は、明るく鮮やかな色彩で、自由闊達な筆遣いで描かれており、ボナール自身の内面の世界を象徴しているようです。

[ 取材・撮影・文:坂入美彩子 / 2020年2月14日 ]

※2/28~3/31まで臨時休館。開館日程の最新情報は、公式サイトをご覧ください。


 
会場三菱一号館美術館
開催期間2020年2月15日(土)~6月7日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mimt.jp/kodomo/
展覧会詳細へ 画家が見たこども展 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社