インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  印象派のふるさと ノルマンディー展 ~ 近代風景画のはじまり ~

印象派のふるさと ノルマンディー展 ~ 近代風景画のはじまり ~

■画家たちを刺激した、"ピクチャレスク"な風景
【会期終了】 パリ近郊の保養地、ノルマンディー地方。パリ市民に愛された美しい水辺の風景は、アトリエを出て屋外で絵を描き始めた画家たちにとっても恰好の画題になりました。油彩、素描、版画、写真など約80点を紹介する企画展です。
フランス北西部に位置するノルマンディーですが、いち早くその魅力に目を付けたのはイギリスの画家たち。この地に残る修道院跡などが「ピクチャレスクな(絵になる)風景」として、ロマン主義者の心を捉えました。19世紀中頃にはイギリスとこの地を結ぶ定期連絡船が就航。フランスに渡った彼らの影響を受けて、フランスの画家たちもこの地に着目するようになった、という流れです。

本展には、セーヌ河口のル・アーヴルにあるアンドレ・マルロー美術館が全面協力。ロマン主義の油彩から現代の写真家の作品まで、ノルマンディーに魅せられた作品を8章構成で紹介します。


会場

療養や健康のために海水浴が盛んになると、ノルマンディーには上流階級向けの施設が整備されます。第3章「海辺のレジャー」には、ノルマンディーに集まった富裕層を描いた作品が並びます。

海辺に佇む物憂げな貴婦人の肖像画は、ヴィットリオ・マッテオ・コルコスによる《別れ》。コルコスはパリの社交界と繋がりを持って成功した肖像画家で、上流階級の顧客とともにノルマンディーに訪れ、肖像画を残しました。


第3章「海辺のレジャー」

第4章は「近代化に対する印象」。ロマン主義的な時代においては風景もある程度理想化して描かれていましたが、社会の近代化にともない、画家たちは次第に目の前でおこっている現実そのものに目を向けるようになります。

産業革命のシンボルである大型帆船と蒸気船が往来していたノルマンディー。大型船はもとより、変容する港の姿も力強く描きました。


第4章「近代化に対する印象」

第7章で大きく紹介されているのが、ラウル・デュフィ。ル・アーヴルで生まれたデュフィは、生涯にわたってこの地を愛し続けました。

デュフィの晩年の作品には、「黒い貨物船」のモチーフがしばしば登場します。重苦しい雰囲気はリューマチで不自由になった自分自身を表現したものですが、その舞台として描かれている風景は、デュフィが愛したノルマンディーの風景です。


第7章「ラウル・デュフィ:セーヌ河口に愛着を持ち続けた画家」

館名が「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」に変わってから、初めての企画展。東京展の後は、広島(2015年2月28日~4月12日、ひろしま美術館)、熊本(2015年4月18日、熊本県立美術館)、山梨(2015年6月27日~8月23日、山梨県立美術館)と巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月5日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

料金一般当日:1,100円
 → お得なチケットはお出かけ前にicon


■印象派のふるさと ノルマンディー展 に関するツイート


 
会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開催期間2014年9月6日(土)~11月9日(日)
所在地 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.sjnk-museum.org/
展覧会詳細へ 印象派のふるさと ノルマンディー展 ~ 近代風景画のはじまり ~ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社