インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎

ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎

■門外不出、色鮮やかな北斎ワールド
【会期終了】 米・ボストン美術館が所蔵する浮世絵の優品を紹介する展覧会シリーズ、最終回は葛飾北斎です。浮世絵版画、肉筆画、版本など約140点、ほとんどが収蔵されてから初めての里帰りになります。
ボストン美術館の浮世絵コレクションを紹介するシリーズ展。2008年の「色あざやかなり 江戸の夢」(江戸東京博物館など)、2011年の「錦絵の黄金時代 ― 清長、歌麿、写楽」(山種美術館など)に続き、最終回となる今回はボストン美術館とも縁が深い葛飾北斎です。

「世界で最も有名な日本人画家」といえる北斎ですが、学術的な見地からなる北斎展を初めて実施したのは、実はボストン美術館。アーネスト・フェノロサのキュレーションのもと、1892~93年に"HOKUSAI AND HIS SCHOOL"展が開催されたのが嚆矢なのです。

本展は3章構成。第1章「稀品と優品でたどる浮世絵版画70年」に、デビュー後に春朗を名乗っていた時代の作品から約110点の浮世絵版画が紹介されます。

ちょっと珍しいのが「組上絵」。紙面に描かれた部品を切り抜いて組み上げることで、立体的な風景ミニチュアがつくれるもので、江戸時代のペーパークラフトといえます。「天の岩戸」と「浅草寺雷門」の二種で、実際に組み上げたモデルも展示されています。


第1章「稀品と優品でたどる浮世絵版画70年」

北斎=風景版画家というイメージを定着させたのが、「冨嶽三十六景」を中心としたシリーズ。61歳から74歳までの為一を号していた時期の作品です。

おなじ為一の時期に描かれ、風景版画と並んで評価が高い花鳥図や、画狂老人卍を号した晩年に描かれた最後の揃いもの「百人一首うばが絵とき」まで展示。あまり知られていない役者絵や、五枚続の風俗絵(北斎は続絵をほとんど作っていません)なども含め、70年に及ぶ北斎の長い画業が一覧できます。


第1章「稀品と優品でたどる浮世絵版画70年」

第2章は「華麗な摺物と稀覯本」。摺物(すりもの)は特別注文で制作された非売品の版画で、大量に生産される浮世絵版画とは違い、高級な用紙と精緻な技巧が凝らされています。

ここでは摺物17件(19点)と版本7種を紹介、中でも注目はケース内で紹介されている《花の兄》。「花の兄」とは、花の中で最も早く開花する梅のこと。すなわち、春興の狂歌帖です。完本で伝わるのは、ボストン美術館が所蔵する本作のみ。北斎の挿図は、遠方に凧があがっている事から正月の風景と分かる本図と、梅の老樹が描かれた2図です。


第2章「華麗な摺物と稀稀覯本」 動画最後が《花の兄》

第3章は「肉筆画と版下絵・父娘の作品」。資料性が強い北斎の作品6点とともに、展覧会最後には北斎の三女・阿栄(おえい)の作品も展示されています。

阿栄は離縁した後に北斎宅に戻り、応為(おうい)の号で版本の挿絵や肉筆画を描いた阿栄。《三曲合奏図》は美人図を得意とした応為の代表的な作品で、フェノロサによる120年前の北斎展でも出品。フェノロサはこの展覧会で最も注目される作品だとして絶賛しています。


第3章「肉筆画と版下絵・父娘の作品」

ボストン美術館の浮世絵は、ほとんどが近年まで門外不出の未公開だったため、色の劣化が少ないのが特徴。確かに、今摺られたばかりのように鮮やかな色彩の浮世絵版画も楽しめます。名古屋、神戸、北九州と巡回し、最後の会場が上野の森美術館です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月12日 ]


料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場上野の森美術館
開催期間2014年9月13日(土)~11月9日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-3833-4191(代表)
HP : http://ukiyoe.exhn.jp/
展覧会詳細へ ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社