インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  鏑木清方と江戸の風情

鏑木清方と江戸の風情

■江戸を想いて、江戸に慕いて
【会期終了】 明治から昭和まで活躍した、日本画家の鏑木清方(かぶらききよかた 1878-1972)。江戸時代の浮世絵の作品世界に傾倒しながら、独自の上品な美人画を確立した清方の画業を、「江戸の風情」をテーマに展観します。
水野年方から絵の手ほどきを受けた鏑木清方。さらに遡ると月岡芳年、歌川国芳へと連なりますが、師匠筋にみられる"奇想系"ではなく、たおやかで粋な美人画を得意にしました。

清方の作品を思い浮かべながら会場に入ると、派手な作風にちょっと驚くかもしれません。刃物を手にした荒くれ男は、東京日々新聞の第一号(絵は落合芳幾)。東京日々新聞は、清方の父である條野採菊が創刊しました(新聞では「山々亭有人」名で詞書を手がけています)。

序章では、師である水野年方の作品をはじめ、若き清方の身近にあった作品を紹介します。


序章

展覧会は二章構成。一章「清方の画業をたどる ─ 江戸へのまなざしから ─ 」が、さらに時代順で六節に分かれています。

一節「最初期の肉筆画」には、若き日の清方が画友とともに描いた肉筆回覧誌など。もちろん後年の美人画には及ばぬものの、短期間での画力の向上には驚かされます。

二節は「挿絵画家として立つ」。徐々に年方の後継者として認められていった清方は、当時の代表的な文芸誌「新小説」と「文藝倶楽部」にも口絵が掲載されるようになり、挿絵画家として評価が定まります。またこの頃、泉鏡花と出会い、互いに認め合いながら作品をつくっていきます。


一章 一節「最初期の肉筆画」、二節「挿絵画家として立つ」

三節は「浮世絵の発見」。本画への進出を志すようになった清方が手本にしたのが、江戸時代の浮世絵でした。勝川春草や鳥文斎栄之らの肉筆浮世絵に心酔。その線描の質の高さを称賛します。

四節は「展覧会という舞台へ」。清方は明治42年に文展に初入選。以後も次々に入選を重ね、名実ともに日本画の大家としての地位を確立させていきます。


一章 三節「浮世絵の発見」、四節「展覧会という舞台へ」

五節は「清方美人の成熟」。官展の代表作家となった清方ですが、実は官展向けの大作は好みではなく、画帖や挿絵などの「卓上芸術」に価値を見出していました。さらに、時局も悪化。美人画の出番は少なくなっていきますが、清方は献納画を手掛けながらも、心はますます美人画を追及していきました。

六節は「戦後」。疎開先の御殿場で終戦を迎え、黒い羽織をたたむ美人画の《春雪》を制作。この絵から、清方の戦後は始まりました。晩年は鎌倉で生活し、旧宅跡は鎌倉市鏑木清方記念美術館として公開されています。


一章 五節「清方美人の成熟」、六節「戦後」

二章は「清方と江戸をめぐる三題」。一章で見てきたように、清方がその画業において理想郷としていたのは江戸の浮世絵でした。美人の表現だけでなく、浮世絵に描かれた江戸時代の人々にも深く共鳴し、その心情までも作品の中に取り込もうとしました。

そしてもうひとつ、清方が愛した原風景は、幼時を過ごした明治の東京下町でした。とりわけ戦後の作品には、明治期の東京の風景がしばしば描かれるようになります。過去の面影が消えてゆく東京を前に、清方の過去への憧憬は深く募っていったのです。

この章は「物語る絵 ─ 卓上芸術」「理想郷としての江戸」「理想郷としての明治」の三節で、清方と江戸の関係をひもときます。


二章「清方と江戸をめぐる三題」

本展は千葉市美術館の7階で開催。8階では近年の収集作品から未紹介作品を中心に関連作品も含めて紹介する「新収蔵作品展 七つ星 — 近年の収蔵作家たち —」も同時開催中です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月15日 ]

鏑木清方 江戸東京めぐり

宮崎 徹

求龍堂
¥ 2,376

 
会場千葉市美術館
開催期間2014年9月9日(火)~10月19日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 鏑木清方と江戸の風情 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社