インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  とことん見せます!富士美の西洋絵画

とことん見せます!富士美の西洋絵画

■まるで海外の美術館、275点を一挙に公開
【会期終了】 絵画・版画・写真・彫刻・陶磁・漆工・武具・刀剣・メダルなど、約3万点のコレクションを誇る東京富士美術館。中でも白眉といえるのが、西洋絵画の流れを一望できる油彩画コレクションです。実に275点を一挙に紹介する前代未聞の展覧会、2段掛け・3段掛けの展示室は圧巻です。
コレクションの形成にあたってルーヴル美術館の絵画部長だったルネ・ユイグ氏の助言を受けていた事もあり、西洋絵画には定評がある東京富士美術館。今回は常設展示室と企画展示室の全てを使って、西洋絵画のみを紹介する企画です。

会場に入ると、絵画の密度にびっくり。絵画に包まれるような構成は、まるで海外の美術館のようです。

まず最初の展示室では、16世紀から20世紀までの絵画を1つの展示室で概観する「序章 西洋絵画400年の流れ」から。イタリア・ルネサンスのジョヴァンニ・ベリーニから、ポップアートのアンディ・ウォーホルまでが並び、これだけでも十分に企画展として成立するラインナップです。


序章

この後は、時代順の構成。「16世紀絵画 ─ イタリア・ルネサンスと北方ルネサンス」「17世紀絵画 ─ オランダ・フランドルの時代」「フランス バロック・ロココ絵画」「ナポレオン時代の絵画」「新古典主義とロマン主義絵画」と続きます。

全体では序章もあわせて12章構成ですが、途中にサイズや様式、テーマで特集展示も用意。会場前半では「小さな絵画」「ヴェドゥータ(都市景観画)」「巨大肖像画」と紹介されています。

日本人に人気が高い印象派の作品を所蔵している美術館には、印象派以外が“付け足し程度”に留まっている傾向がしばしば見られますが、ここは違います。特に印象派より前の時代の充実度が高いため、館蔵品だけで「西洋絵画の流れを概観する展覧会」をきっちりと見せられるのは、東京富士美術館の強みといえます。


会場前半

ここまでで、ようやく半分。続いて、いつもは企画展示に使われる本館へ進みますが、この後にも135点が展示されています。

続いて「イギリス絵画」「アカデミズムとバルビゾン派」「印象派」「印象派以降の画家たち ─ 後期印象派、ナビ派」「エコール・ド・パリの画家たち」「20世紀絵画」という流れ。さらに特集展示の「マン・レイとシュルレアリスムの画家たち」「アメリカン・ポップアート」も含まれます。

実は本展では、初出展の作品が22点も展示されています。これまで出す機会に恵まれなかった西洋絵画ですが、展覧会を担当した宮川謙一学芸員も「展示室に掛ける事で、改めて良さが分かった」という作品も多数。初出展作品は出品リストにマークがついています。

どこもかしこも絵画に溢れる会場ですが、最後の章である「20世紀絵画」は正に圧巻。「多様性を感じてもらいたい」(宮川学芸員)として、多彩な作品で壁面が埋め尽くされています。


会場後半

東京・八王子市にある東京富士美術館。都心からはやや離れていますが、圧倒的なボリュームでお腹いっぱいになる事間違いなし。コレクション展という事もあってリーズナブルな観覧料も魅力です(大人800円)。

展覧会にあわせた特別連続講演会として、1月29日(日)は高階秀爾、2月19日(日)は大野芳材、3月19日(日)は島田紀夫の各氏が登壇します(各回とも14時から。入館料のみで参加可能です)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年1月11日 ]



■とことん見せます!富士美の西洋絵画 に関するツイート


 
会場東京富士美術館
開催期間2017年1月5日(木)~3月20日(月)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.fujibi.or.jp/
展覧会詳細へ とことん見せます!富士美の西洋絵画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社