インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

■手紙で紐解く、巨匠の友情
【会期終了】 色と形の追及に生涯を捧げたアンリ・マティス(1869-1954)と、20世紀最大の宗教画家であるジョルジュ・ルオー(1871-1958)。全く異なる画風のふたりですが、生涯を通して固い友情で結ばれていました。約半世紀に渡る手紙のやり取りを手がかりに、家族ぐるみの友情の軌跡をたどる展覧会が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
2歳違いのマティスとルオーは、国立美術学校(エコール・デ・ボザール)で、共にギュスターヴ・モローに学んだ同門。スタイルを押し付ける事なく、個性を尊重するモローの指導のもとで、ふたりは独自のスタイルを確立させていきます。

展覧会は、新進画家だったふたりの初期作品からスタート。マティスの初期の油彩画を見ると、後年の華やかな画風とはかなり異なる事がわかります。ルオーがモロー教室時代に描いたデッサン《〈学者たちの間の幼児イエス〉のための習作》は、本展で初公開となります。


第1章「国立美術学校(エコール・デ・ボザール)からサロン・ドートンヌへ 1892年~1913年」

続いて1914年~1944年。わずか30年の間に2つの世界大戦が起こったこの時代、ルオーはパリで、マティスは南仏ニースで活動しています。

会場各所には、本展のテーマでもある手紙が展示されています(うち2点は直筆)。この時代の手紙には、ニューヨークの画商としてルオー作品を扱っていた、マティスの子息ピエールも参加。ルオーの《曲馬団の娘たち》や《大馬車(旧題:サルタンバンク)》は、ピエールによって日本にもたらされた作品です。


第2章「パリ・ニース・ニューヨーク 1914年~1944年」

マティスやルオーだけでなく、この時代の多くの美術家たちにとって特別な存在といえるのが、美術本出版人のテリアード(1897-1983)。

ナチスがパリを占領していた時代には、油彩画を自由に描く事は困難でしたが、テリアードが発行した芸術誌『ヴェルヴ』に彼らの作品が高品質のリトグラフで掲載されています。二人の作品が『ヴェルヴ』の表紙を飾ったのは計7冊。会場には7冊全てが紹介されています。

この章で注目は、ルオーの「気晴らし」シリーズの油彩画。「気晴らし」シリーズはルオーの作品を原画にした詩画集で、全15点が一挙に展示されるのはフランスでも実現していません。


第3章「出版人テリアードと占領期」

戦後の二人の作品は、それぞれの個性が際立つようになります。マティスは単純な線と純粋な色彩を追及した結果、版画『ジャズ』に到達。ルオーは宗教性を深めるとともに、特徴的な厚塗りは晩年になるにしたがってさらに厚さを増していきます。

二人はマティスがなくなる前年まで手紙のやりとりを続けるなど、生涯にわたる親友でした。マティスはニースで1954年に、ルオーはパリで1958年に死去。それぞれ84歳と86歳、同時代を生きた偉大なフランス人画家でした。

会場出口には、撮影コーナーも。マティスのモデルになったつもりで、お楽しみいただけます。


第4章「『ジャズ』と《聖顔》1945年~1956年」

会場をご紹介しましたが、ルオーは著作権が存続している事もあって、マティスの作品ばかりになってしまいました。パリのジョルジュ・ルオー財団から出品される貴重な作品も数多くありますので、ぜひ会場でご覧ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年1月13日 ]

マティスとルオー 友情の手紙マティスとルオー 友情の手紙

アンリ・マティス (著), ジョルジュ・ルオー (著), ジャクリーヌ・マンク (編集)

みすず書房
¥ 3,780


■マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密 に関するツイート


 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2017年1月14日(土)~3月26日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170114/
展覧会詳細へ マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社