インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  能面と能装束―神と幽玄のかたち―

能面と能装束―神と幽玄のかたち―

■重文に一括指定、54の能面
【会期終了】 2011年10月8日(土)に来館100万人を達成した三井記念美術館。新年を迎える企画展は、三井家伝来の能面と能装束を「神と幽玄のかたち」という切り口で展観します。
数多くの三井家伝来の品々を所蔵し、国宝・重要文化財に指定されている逸品も多い三井記念美術館。今回展示される「旧金剛宗家伝来能面」54面も、平成20年度に国の重要文化財として一括指定されたものです。

金剛流は歴史ある流派のひとつですが、宗家二十三世の金剛右京氏は跡継ぎがいなかったため、亡くなる前年の昭和10年に三井家に能面を譲渡しました。面は三井家の御蔵に秘蔵されていましたが、昭和59年に三井文庫に寄贈されたことを機に、展覧会で公開されるようになりました。



能面は大きく分けると「翁(おきな)」「尉(じょう)」「鬼神」「男」「女」の5種類に分類されます。本展では「神々」として翁面・尉面・鬼神面を、「幽玄」で男面と女面を紹介します。

豪快な表情が多いのは、鬼神面。目が金色で彩られているのは、この世のものでは無いことを示しています。口を閉じている「癋見(べしみ)と」、開いている「飛出(とびで)」は、金剛力士像と同様に阿吽(あうん)で一対です。中には、着けて舞うと面が顔から外れなくなり、無理に取ると血痕が残ったという「肉付き面伝説」をもつ面もありました。



筆者イチオシは、女面「孫次郎(オモカゲ)」。古くから名高い女面の白眉で、若くして亡くなった妻の面影を面に写したという伝承が、その名の由来になっています。下から見ると遠くを見つめるような表情に、上から見るとやや吊り目になって妖艶な表情に見える、不思議な美しさを秘めた面です。

展示室1では囃子の楽器と謡本、展示室2では見事な蒔絵の面箱も紹介。最後の展示室7で展示している能装束も、新年にふさわしく竜の柄の装束も揃えました。また、開館5周年記念事業として所蔵する能面を紹介する映像も完成し、映像ギャラリーで上映しています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年11月22日 ]
 
会場三井記念美術館
開催期間2011年11月23日(水)~2012年1月28日(土)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号  三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp
展覧会詳細へ 能面と能装束―神と幽玄のかたち― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社