ニュース
    中国書画史の巨星、趙孟頫を紹介 ー 東博、書道博による連携企画第19弾
    (掲載日時:2022年1月11日)

    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場


    中国・南宋時代の末期に活躍した書家・画家の趙孟頫(1254~1322年)の、没後700年を記念した展覧会が、東京国立博物館と台東区立書道博物館で開催されている。

    宋の太祖の11代目の子孫して生まれた趙孟頫は、26歳で故国の滅亡に遭い、元王朝に仕え要職を歴任。

    非難を受けながらも、漢民族の伝統文化の護持に尽力し、中国書画史において偉大な画業を打ち立て、文人の新たな在り方を示した。

    その存在は元末の四大家や明清時代の諸家だけでなく、日本にも大きな影響を与えており、以降の書画の歴史を大きく変化させた。

    展覧会は、19回目となる東京国立博物館と台東区立書道博物館との連携企画。

    趙孟頫のほか、元時代の書画にも焦点をあて、その魅力と後世における受容を紹介していく。

    「没後700年 趙孟頫とその時代」は東京国立博物館 東洋館8室で2020年1月2日(日)~2月27日(日)、台東区立書道博物館で2020年1月4日(火)~2月27日(日)。

    観覧料は、東京国立博物館が一般 1,000円、台東区立書道博物館が一般 500円など。



    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場

    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場

    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと40日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと19日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと19日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと26日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)