ニュース
    中国書画史の巨星、趙孟頫を紹介 ー 東博、書道博による連携企画第19弾
    (掲載日時:2022年1月11日)

    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場


    中国・南宋時代の末期に活躍した書家・画家の趙孟頫(1254~1322年)の、没後700年を記念した展覧会が、東京国立博物館と台東区立書道博物館で開催されている。

    宋の太祖の11代目の子孫して生まれた趙孟頫は、26歳で故国の滅亡に遭い、元王朝に仕え要職を歴任。

    非難を受けながらも、漢民族の伝統文化の護持に尽力し、中国書画史において偉大な画業を打ち立て、文人の新たな在り方を示した。

    その存在は元末の四大家や明清時代の諸家だけでなく、日本にも大きな影響を与えており、以降の書画の歴史を大きく変化させた。

    展覧会は、19回目となる東京国立博物館と台東区立書道博物館との連携企画。

    趙孟頫のほか、元時代の書画にも焦点をあて、その魅力と後世における受容を紹介していく。

    「没後700年 趙孟頫とその時代」は東京国立博物館 東洋館8室で2020年1月2日(日)~2月27日(日)、台東区立書道博物館で2020年1月4日(火)~2月27日(日)。

    観覧料は、東京国立博物館が一般 1,000円、台東区立書道博物館が一般 500円など。



    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場

    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場

    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場
    東京国立博物館・台東区立書道博物館「没後700年 趙孟頫とその時代」会場

    このニュースに関連する展覧会
    0
    台東区立書道博物館 | 東京都
    2022年1月4日(火)〜2月27日(日)
    開催中[あと36日]
    2022年1月2日(日)〜2月27日(日)
    開催中[あと36日]
    このニュースに関連するミュージアム

    おすすめレポート
    学芸員募集
    日本博物館協会 学芸員募集中! [日本博物館協会]
    東京都
    外務省外交史料館 非常勤職員募集(史料補修員) [外務省外交史料館]
    東京都
    奈良文化財研究所 展示企画室アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所]
    奈良県
    国立民族学博物館技術補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    WHO IS BANKSY? バンクシーってだれ?展
    開催まであと158日
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 ポンペイ
    開催中[あと71日]
    2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
    3
    京都市京セラ美術館 | 京都府
    特別展 ポンペイ
    開催まであと89日
    2022年4月21日(木)〜7月3日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    【開幕日延期】ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
    開催中[あと71日]
    2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
    開催中[あと22日]
    2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード