ニュース
    「もの派」を代表する美術家、李禹煥の大規模展 ― 国立新美術館
    (掲載日時:2022年8月9日)

    国立新美術館「李禹煥」会場
    国立新美術館「李禹煥」会場

    「もの派」を代表する美術家、李禹煥(リ・ウファン 1936-)の、東京では初めてとなる大規模な回顧展が開催される。

    李は1960年代から現代美術に関心を深め、60年代後半に入って本格的に制作を開始。自然や人工の素材を節制の姿勢で組み合わせ提示する「もの派」と呼ばれる動向を牽引した。

    展覧会は、李が自ら展示構成を考案。彫刻と絵画の2つのセクションに大きく分けて、「もの派」にいたる前の視覚の問題を問う初期作品から、彫刻の概念を変えた<関係項>シリーズ、静謐なリズムを奏でる精神性の高い絵画など、代表作を一挙に公開する。

    野外展示場には石とステンレスを用いた大型の新作も展示される。

    「国立新美術館開館 15周年記念 李禹煥」は国立新美術館 企画展示室1Eにて2022年8月10日(水)~11月7日(月)に開催。入館料は一般 1,700円など。

    国立新美術館「李禹煥」会場
    国立新美術館「李禹煥」会場

    国立新美術館「李禹煥」会場
    国立新美術館「李禹煥」会場

    国立新美術館「李禹煥」会場
    国立新美術館「李禹煥」会場

    このニュースに関連する展覧会
    62
    国立新美術館 | 東京都
    2022年8月10日(水)〜11月7日(月)
    開催中[あと30日]
    このニュースに関連するミュージアム
    100
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)