ニュース
    前回は入場制限の大人気作、3年半ぶりに登場 ― 太田記念美術館で「葛飾応為『吉原格子先之図』」
    (掲載日時:2023年10月31日)

    葛飾応為《吉原格子先之図》太田記念美術館蔵
    葛飾応為《吉原格子先之図》太田記念美術館蔵

    葛飾北斎の娘、葛飾応為(生没年不詳)の代表作として知られる《吉原格子先之図》をはじめ、太田記念美術館が所有する肉筆浮世絵を多数紹介する展覧会が、同館で始まる。

    葛飾応為は、主に父である北斎の仕事を手伝っていたこともあり、残された作品は少なく、現在までに確認されているのは肉筆画十数点、版本挿絵2点のみ。

    《吉原格子先之図》は遊女の姿がシルエットで描かれるなど、西洋風の陰影表現を駆使した作品。《夜桜美人図》(メナード美術館蔵)とともに、応為の代表作といえる。

    《吉原格子先之図》が太田記念美術館で展示されるのは、約3年半ぶり。前回の展示は大きな反響を呼び、美術館の2階に上がる人を制限するほど多くの人で賑わった。

    今回の展覧会では、あわせて菱川師宣、葛飾北斎、明治時代の小林清親など、さまざまな絵師たちによる肉筆画が競演。太田記念美術館としては珍しく、肉筆画だけでの構成となる。

    「葛飾応為『吉原格子先之図』 ― 肉筆画の魅力」は太田記念美術館で2023年11月1日(水)~11月26日(日)に開催。入場料は一般 1,000円など。

    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』 ― 肉筆画の魅力」会場
    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』 ― 肉筆画の魅力」会場

    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』 ― 肉筆画の魅力」会場
    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』 ― 肉筆画の魅力」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)