ニュース
    アーティゾン美術館で「マリー・ローランサン ―時代をうつす眼」
    (掲載日時:2023年12月8日)

    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場
    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場

    20世紀前半に活躍した女性画家、マリー・ローランサン(1883-1956)を紹介する展覧会が、東京ではじまる。

    パリのアカデミー・アンベールで学び、キュビスムの画家として活動をはじめたローランサンは、パステルカラーの独自の画風で作品を制作。バレエの舞台装置や舞台衣裳のデザイン、挿絵を手掛けるなど幅広く活躍した。

    また、画家や彫刻家だけでなく文筆家や詩人とも交流をもち、自作詩も発表している。

    会場では、文学や人物画、舞台美術などをテーマに7つの章で構成。石橋財団コレクションや国内外の美術館から約40点のローランサンの作品が揃い、初期から最晩年の大作《三人の若い女》に至るまで、ローランサンの多角的な活動を紹介する。

    あわせて、ローランサンと交流をもっていた同時代の画家(ジョルジュ・ブラックやパブロ・ピカソ、藤田嗣治など)の作品も並ぶ。

    「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」はアーティゾン美術館で2023年12月9日(土)〜2024年3月3日(日)に開催。観覧料は学生無料、ウェブ予約チケット 1,800円、窓口販売チケット 2,000円。


    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場
    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場

    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場
    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場

    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場
    アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【東京国立博物館】列品管理課貸与特別観覧室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    【東京国立博物館内】国立文化財機構総務課企画課(共済担当) 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと134日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと23日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと16日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと16日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)