読者
    レポート
    特別展 ハリー・ポッターと魔法の歴史
    兵庫県立美術館 | 兵庫県

    今日は神戸酒処の“灘”近くにある兵庫県立美術館を訪ねました。特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』が1年の延期を経て開催されるからです。

    世界中の多くのファンに愛されるファンタジー小説「ハリー・ポッター」は1997年の初版より20年、7巻が発行され85以上の言語に翻訳されました。また、8本の映画になり世界中で楽しまれています。

    今回は大英図書館が特別展を企画し、ロンドン、ニューヨークそして日本(神戸と東京)へと国際巡回が実現いたしました。さあ、キングス・クロス駅9と3/4番線からホグワーツ特急でハリー・ポッターと一緒に魔法の世界へ出発しましょう!  



    兵庫県立美術館



    さあ、出発です


    展覧会はホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿って章立てされ、大英図書館所蔵の大変貴重な資料と小説の世界を結びながら、原作の背景や魔術について紐解きます。

    展示室全体が図書館のイメージに統一され、小説原作者であるJ・K・ローリングの直筆原稿やストーリーのイメージイラストが並び、そして主人公や仲間たちと個性あふれる先生たちもイラスト版をかいたジム・ケイの原画で観ることができます。



    第一章 旅



    《アルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア教授の肖像》と《ミネルバ・マクゴナガル教授の肖像》 ジム・ケイ ブルームズベリー社



    「『ハリー・ポッターと死の秘宝』の初期草稿」 J.K.ローリング とウリッセ・アルドロヴァンディ『蛇竜誌』大英図書館



    「『ハリー・ポッターと賢者の石』読書感想文」(複製)アリス・ニュートン(8歳) ナイジェル・ニュートン / ブルームズベリー社と《ハリー・ポッターとダーズリ一家のスケッチ》J.K.ローリング


    科目というのは、魔法薬学、錬金術、薬草学、呪文学、天文学、占い学、闇の魔術に対する防衛術、魔法生物飼育学となり、いずれもホグワーツ魔法魔術学校で学ぶ科目です。

    ハリー・ポッターの小説の世界は、古来からの魔法学とちゃんとリンクして組み立てられていることを知り、少し驚きを感じました。展示も各科目を小説シーン、古書籍、資料遺物と関連づけて並べてあり、トータルして理解することができます。



    「天球儀」ヨハン・ガブリエル・ドッペルマイヤー 大英図書館 と 「大太陽系儀」ジェームス・シモンズ、マルビー&カンパニー製 国立海事博物館



    《ヒッポグリフのバックビークの習作》ジム・ケイ ブルームズベリー社 『狂えるオルランド』ルドヴィコ・アリオスト 大英図書館 『ヨーロッパの鳥類』ジョン・グールド 大英図書館


    小説のあのセリフは・・こういうことだったのか!  呪文はここに原点があったのね!

    薬草はこんな特性を持つんだ! 登場人物の名前はここからきていたのか!

    あのシーンに出てくる動物たちはこういう意味があったとは!・・など学術的裏付けが根底にあることに感動さえしてしまいます。

    日本では忍者・忍術も薬草や天文の知識を活用していたことが知られ、魔術との共通性も伺えます。馴染みが薄く理解するのが難しい外国の生活の知恵活用などもありますが、今から学んでも役立ちそうな魔法学はとても興味深く思います。  


    私も数冊の本を持っていますが、新しいハリー・ポッターの世界の楽しみ方を得て、読み返すのも良し、魔法使いをめざして学ぶもよしです。“大人のハリー・ポッター学”ともいえる特別展です。 



    「オルガ・ハントの箒」魔術・魔法博物館と《クィディッチをするハリー・ポッターとドラコ・マルフォイの習作》ジム・ケイ ブルームズベリー社



    次の巻発行が待ち遠しかった小説「ハリー・ポッター」


    兵庫県立美術館は、阪神・淡路大震災からの文化の復興のシンボルとして2002年に開館。安藤忠雄氏による設計で、建築鑑賞も是非お勧めしたい美術館です。

    屋外に配置された彫刻作品やオブジェ、風景になじんだ存在感のある美術館はさまざまな楽しい仕掛けがあります。そして疲れたらちょっと美味しい休憩も可能です。潮の香りする街、きっと素敵な秋の散策になると思います。



    円形テラス



    海側には大階段やオブジェも



    魔法が使えたら何をしよう・・


    [ 取材・撮影・文:ひろりん / 2021年9月10日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    兵庫県立美術館
    会期
    2021年9月11日(土)〜11月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日 ※ただし9月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館
    住所
    〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
    電話 078-262-1011
    公式サイト https://historyofmagic.jp/
    展覧会詳細 特別展 ハリー・ポッターと魔法の歴史 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    このレポートに関連する巡回展
    兵庫県
    2021年9月11日(土)〜11月7日(日) 兵庫県立美術館
    東京都
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日) 東京ステーションギャラリー
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)