IM
    レポート
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    東京都美術館 | 東京都
    ラファエロ、レンブラント、ルノワールなど、西洋絵画の巨匠の名がずらり
    日本初公開となるベラスケス初期の傑作《卵を料理する老婆》など、約90点
    レイバーン、ラムジー、グラントなどスコットランド出身画家たちの名品も

    エディンバラの中心部に位置するスコットランド国立美術館。1859年の開館以来コレクションは拡充を続け、世界最高峰の美術館の一つといえます。

    同館からラファエロ、エル・グレコ、ルーベンス、ベラスケス、レンブラント、ヴァトー、ブーシェ、コロー、スーラ、ルノワールなど、美術史にその名を刻む巨匠(THE GREATS)たちの作品が大挙して来日。東京都美術館で展覧会が開催中です。



    東京都美術館「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」会場入口


    プロローグは、スコットランド国立美術館の紹介。同館はエディンバラにあるスコティッシュ・ナショナル・ギャラリー、スコティッシュ・ナショナル・ポートレート・ギャラリー、スコティッシュ・ナショナル・ギャラリー・オブ・モダン・アートの3館からなるミュージアムです。

    エディンバラで活躍したアーサー・エルウェル・モファットの作品は、1885年のスコットランド国立美術館(現在のスコティッシュ・ナショナル・ギャラリー)を描いたもの。深紅の壁など、展示室の構成は現在も同様です。



    アーサー・エルウェル・モファット《スコットランド国立美術館の内部》1885年


    第1章は「ルネサンス」。フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマを中心に芸術文化が花開いたルネサンス。レオナルド・ダ・ヴィンチの師であるヴェロッキオは、フィレンツェで大規模な工房を運営しました。

    ヴェロッキオによるとされる《幼児キリストを礼拝する聖母》の通称である「ラスキンの聖母」は、イギリスの批評家・芸術家のジョン・ラスキンの旧蔵品であった事を示しています。



    アンドレア・デル・ヴェロッキオ(帰属)《幼児キリストを礼拝する聖母(「ラスキンの聖母」)》1470年頃


    ギリシャに生まれ、ヴェネツィアを経てスペインに定住したのはエル・グレコ。劇的な構図の宗教画で知られます。

    《祝福するキリスト(「世界の救い主」)》の衣服に見られる淡青色と深紅色のコントラストも、グレコの作品に良く見られる配色。キリストのポーズにはビザンティン美術やティツィアーノからの影響も見て取れます。



    エル・グレコ《祝福するキリスト(「世界の救い主」)》1600年頃


    第2章は「バロック」。17世紀のヨーロッパでは、革新的な画家たちが従来の世界観を覆す絵画を描いていきました。

    レンブラントによる《ベッドの中の女性》は、聖書の登場人物であるサラが、結婚初夜に夫が悪魔を追い払うのをベッドから見ている場面。サラは過去7回の結婚初夜において、夫が悪魔に殺されています。

    いわゆるオランダ絵画黄金時代の中でも、最も重要な作品のひとつです。



    レンブラント・ファン・レイン《ベッドの中の女性》1647年


    展覧会の白眉といえるのが、ベラスケス《卵を料理する老婆》。食器や食材、老婆と少年の肌や衣服など質感の違いを捉えており、特に卵の白身が固まりつつあるところは見事に描いています。

    この時のベラスケスは18歳か19歳。桁外れの実力がよく分かります。



    ディエゴ・ベラスケス《卵を料理する老婆》1618年


    第3章は「グランド・ツアーの時代」。18世紀のパリでは、幻想的な理想郷を描いた絵画が流行。フランソワ・ブーシェはロココ時代を代表する画家で、宮廷画家として国内外で高く評価されました。

    牧歌的な主題の《田園の情景》は、もとは独立した作品でしたが、ブーシェの没後に所有者によって一揃えの作品にされました。



    フランソワ・ブーシェ《田園の情景》 (左から)「愛すべきパストラル」1762年 / 「田舎風の贈物」1761年 / 「眠る女庭師」1762年


    第4章は「19世紀の開拓者たち」。19世紀の半ばから外光派が、その後には印象派、ポスト印象派など、革命的な画家たちが登場し、絵画の世界に大きな変革がもたらされました。

    クロード・モネは印象派を代表する画家。第1回印象派展に出品した《印象、日の出》が、その名の由来になりました。1891年の晩春から秋にかけて、ポプラ並木の作品を23点描いています。



    クロード・モネ《エプト川沿いのポプラ並木》1891年 ※東京会場のみ展示


    ポール・ゴーガンはポスト印象派の画家。本格的に画家を志したのは30代半ばからと遅く、ブルターニュ地方のポン=タヴェンで、明確な輪郭線、平面的な彩色の「総合主義」を確立しました。

    《三人のタヒチ人》は2度目のタヒチ滞在で描かれた作品。果実を持つ女性は、聖書に登場する女性で誘惑するイブのタヒチ版と位置づけられます。



    ポール・ゴーガン《三人のタヒチ人》1899年 ※東京会場のみ展示


    最後のエピローグは、記念碑的なアメリカ絵画《アメリカ側から見たナイアガラの滝》です。

    チャーチはアメリカの風景画家で、この作品はヨーロッパの主要なコレクションに収められた、この画家唯一の大作。スコットランドのつつましい家庭に生まれ、アメリカに渡って財を成した実業家が、母国への感謝の気持ちを込めてスコットランド国立美術館に寄贈した作品です。



    フレデリック・エドウィン・チャーチ《アメリカ側から見たナイアガラの滝》1867年


    スコットランドにある美術館からの出展という事で、レイバーン、ラムジー、ウィルキー、ダイスなど日本ではなかなか見ることのできないスコットランド出身の代表的な画家たちの名品も展示されています。

    西洋美術史を通覧できる、教科書のような展覧会。東京展の後、神戸と北九州に巡回します。会場と会期はこちらです。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年4月21日 ]

    ジェームズ・バレル・スミス《エディンバラ、プリンシズ・ストリート・ガーデンズとスコットランド国立美術館の眺め》1885年
    パリス・ボルドーネ《化粧をするヴェネツィア女性たち》1550年頃
    トマス・ゲインズバラ《遠景に村の見える風景》1748–50年
    (左から)トマス・ゲインズバラ《ノーマン・コートのセリーナ・シスルスウェイトの肖像》1778年頃 / アラン・ラムジー《貴婦人の肖像(旧称「フローラ・マクドナルドの肖像」)》1752年
    ジョシュア・レノルズ《ウォルドグレイヴ家の貴婦人たち》1780–81年
    ジョン・コンスタブル《デダムの谷》1828年
    ジョン・エヴァレット・ミレイ《「古来比類なき甘美な瞳」》1881年
    ピエール=オーギュスト・ルノワール《子どもに乳を飲ませる女性》1893–94年
    会場
    東京都美術館
    会期
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    金曜日は9:30~20:00
    (入室は閉室の30分前まで)

    ※夜間開館については展覧会公式サイトでご確認ください。
    休館日
    月曜日(ただし5月2日は開室)
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://greats2022.jp
    料金
    一般 1,900円
    大学生・専門学校生 1,300円
    65歳以上 1,400円
    一般+音声ガイド(セット券) 2,400円

    【日時指定予約制】
    観覧無料の小学生・中学生・高校生、無料観覧券・本展招待はがきをお持ちの方も、日時指定予約が必要です。必ず事前に日時指定予約の上、ご来場ください。
    展覧会詳細 スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    東京都
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日) 東京都美術館
    兵庫県
    2022年7月16日(土)〜9月25日(日) 神戸市立博物館
    開催中[あと42日]
    展覧会の詳細はこちら
    福岡県
    2022年10月4日(火)〜11月20日(日) 北九州市立美術館
    開催まであと51日
    展覧会の詳細はこちら
    公式サイト https://greats2022.jp/
    このレポートに関連する特集
    「空也上人立像」が東京では半世紀ぶりの公開。世界を舞台に活躍した日本人女性アーティストの草分け「篠田桃紅展」。東京国立近代美術館では「没後50年 鏑木清方展」。西洋美術好きなら「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと42日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと21日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと21日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと28日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)