読者
    レポート
    琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳
    細見美術館 | 京都府

    江戸時代を華やかに彩った“琳派”の絵師たち。その作品に魅了される方も多いと思います。17世紀の京都で活躍した俵屋宗達を皮切りに、その画風は江戸へと流布し、19世紀には酒井抱一、鈴木其一など日本美を象徴する一大系譜となり400年の時の流れと共に続きます。

    今回は少し角度を変えながら琳派のスピリットを継承した神坂雪佳(かみさかせっか1866-1942)にスポットをあてた展覧会に出かけました。



    近代京都で活躍した神坂雪佳


    神坂雪佳は、琳派の作風や活動に共感し、近代京都で図案家・画家として活躍しました。



    光悦村図(部分)神坂雪佳 個人蔵


    琳派の大きな特徴である華やかな色彩と大胆な画面構成。杜若(かきつばた)をはじめとする季節の草花はその代表的テーマとして用いられ、さらに絵画をにじませる「たらし込み」という琳派の技法が目をひきます。



    杜若図屛風 神坂雪佳 個人蔵 など展示風景



    金魚玉図(部分) 神坂雪佳 細見美術館蔵



    十二ヶ月草花図より 神坂雪佳 細見美術館蔵


    雪佳自身が琳派のコレクターでもあり、多くの作品を身近においていたようで、陶芸や漆芸などの図案として作風に取り入れながら独自の才能を発揮しました。



    扇子や団扇にもデザインは及ぶ


    京都という場所は多様な伝統技術が根付いた地盤があり、雪佳が琳派スピリットを継承するのは必然だったかもしれません。華やかなセンスで日々の生活を彩る調度品を生み出すための図案は、陶芸家などとのコラボにより更に美しく展開していきました。代表作として知られる木版多色摺りによる図案集『百々世草』(ももよぐさ)の出展もあり(頁替あり)、色彩の美しさやアイデアの豊富さに目を奪われます。 



    陶磁器図案(部分)と菊花透し彫鉢 神坂雪佳 図案 河村蜻山 作



    『百々世草』より 神坂雪佳 細見美術館蔵


    生み出された図案は人気を博し、雑誌の表紙や百貨店の頒布物などにも採用され、多くの人々に愛されました。時代や地域を超えて愛される琳派の魅力を備えた雪佳の継承スピリットは、現代のクリエイターへの刺激ともなっているのでは? さて、次に飛び出すのは誰なのでしょう? 楽しみです。



    図案は多種多様なものに採用


    もちろん江戸時代の琳派作品も鑑賞できます。俵屋宗達の下絵に本阿弥光悦が和歌を書した作品や、中村芳中によって描かれた可愛い犬たち、酒井抱一の絵なども見逃せません。



    『光琳画譜』中村芳中 個人蔵



    忍草下絵和歌巻断簡 本阿弥光悦 書 俵屋宗達 下絵(前期展示)細見美術館蔵



    金魚玉図グッズがかわいい


    最近、系譜をたどった展覧会に注目が集まります。浮世絵の月岡芳年など世界中にファンがいて、まさに現代にも受け入れられているものです。大きな画風を継承することの難しさと新しいチャレンジについて考えさせられます。

    今回訪れた細見美術館は先頭を切って琳派作品をコレクションしていました。“琳派展22”が示すように優品の蒐集から新しいブームの発掘まで琳派研究の担い手でもあります。私も中村芳中や神坂雪佳を知るきっかけを貰った美術館です。

    京都岡崎文化エリアを縫うように散策しながら、今日は新しくOPENしたホテルオークラ京都 岡崎別邸に立ち寄ってみました。表通りからは少し入りにくい気品を感じますが、1Fのラウンジは誰でも利用できます。隣接する岡崎神社や金戒光明寺など寺社参拝の途中、一息入れるのには素敵なスポットです。



    寛ぎのティータイム


    金魚恋しい季節到来、肩肘張らない琳派の鑑賞はいかがでしょうか?

    [ 取材・撮影・文:ひろりん / 2022年4月22日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    細見美術館
    会期
    2022年4月23日(土)〜6月19日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
    休館日
    毎週月曜日
    住所
    〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
    電話 075-752-5555
    公式サイト https://www.emuseum.or.jp/
    料金
    一般 1,500円 学生 1,200円
    ※現在、団体での来館ご予約はお受けできません。(団体割引料金のお取り扱いは中止しております。)
    展覧会詳細 琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【寺田倉庫】WHAT MUSEUM アートキュレーター(学芸員) ※正社員 [WHAT MUSEUM]
    東京都
    玄武洞ミュージアム夏季アルバイトスタッフ募集 [玄武洞ミュージアム]
    兵庫県
    令和4年度埼玉県学芸員採用選考(考古、歴史) [県立博物館等]
    埼玉県
    ★2025年春開館予定施設★鳥取県立美術館 企画展示プロデューサー 募集! [倉吉市駄経寺町(鳥取県立美術館(開館予定日:2025年春)),開館前は鳥取県立美術館付近に設置する事務所(倉吉市内)を想定]
    鳥取県
    令和4(2022)年度 栃木県職員採用選考考査〔学芸員(考古)〕について [栃木県立博物館]
    栃木県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと91日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと19日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと22日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    もうすぐ終了[あと7日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード