IM
    レポート
    金氏徹平 S.F. (Something Falling/Floating)
    市原湖畔美術館 | 千葉県
    領域を横断して活躍中の金氏徹平、あらためて“彫刻”に向き合った展覧会
    身の回りの物を用途から解放、コラージュで思いもしなかった形象や風景へ
    照明デザイナーの髙田政義とタッグ、インスタレーション空間が劇的に変化

    身の回りのものをコラージュ的に繋げながら、新しい形象や風景をつくる美術家、金氏徹平(1978-)。いま、最も活躍が著しいアーティストのひとりです。

    新作や日本初公開の作品を含めた約100点で、金氏の世界を紹介する展覧会が、市原湖畔美術館で開催中です。



    市原湖畔美術館「金氏徹平 S.F. (Something FallingFloating)」会場入口


    金氏は京都府生まれ。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに学び、京都市立芸術大学大学院では彫刻専攻修了。横浜美術館や丸亀市猪熊弦一郎現代美術館などでも個展を開催するなど、精力的に活動しています。

    近年は文学や演劇など領域を横断するように活躍の場を広げていましたが、コロナ禍で人と繋がることが難しくなったこともあり、今回は原点に回帰。彫刻家として、ものそのものに向き合いました。



    市原湖畔美術館「金氏徹平 S.F. (Something FallingFloating)」会場


    作品はモノトーン基調のものが目立ちますが、会場は照明が劇的に変化し、にぎやかな色彩に包まれます。

    演出は、大地の芸術祭(2018年)でもタッグを組んだ照明デザイナーの髙田政義。足をとめて、その変化をお楽しみください。



    市原湖畔美術館「金氏徹平 S.F. (Something FallingFloating)」会場


    金氏はこれまでの展覧会でも「Smoke and Fog」「Splash and Flake」など、さまざまな「S」と「F」を組み合わせてきました。

    今回の展覧会は「Something(何か)」と「Falling(落下) / Floating(浮揚)」。「自然」と「人為」の関係性を問いかけていきます。



    市原湖畔美術館「金氏徹平 S.F. (Something FallingFloating)」会場


    今回の展覧会にあたり、金氏は市原市内を巡って使用済みのコンクリートや石などを収集し、それらをコラージュした作品を制作しました。

    美術館の大きな吹き抜け壁面にも、さまざまなものが積み重ねられています。塔のようにも見える、新たなイメージが屹立しています。



    (奥の壁面)《Gray Puddle #20》2022


    水の流れを使った作品をのぞくと静謐な会場の中で、驚かされたのがこの作品です。鑑賞していると、突然、煙が出てきました。

    煙が出る前には特に予兆もありません。いつも出ているわけではないので、煙が出るところを見れた方はラッキーともいえるかもしれません。



    《Smoke and Fog(マテリアルのユーレイ)#47》2022


    自然と人工の間にある物から新しいイメージをつくり出していく金氏。会場の市原湖畔美術館が隣接する高滝湖も、ダムによって生まれた人造湖ですが、周辺には美しい自然環境が広がります。

    市原湖畔美術館の独特の空間で、金氏ならではの世界観を楽しめる展覧会。高滝湖の散策も兼ねて、天気が良い日にお越しください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年5月28日 ]

    《Cray Puddle #26》2022
    (左から)《Games, Dance & the Constructions (snowplow)#8》2018 / 《Games, Dance & the Constructions (snowplow)#6》2018
    (左から)《Summer Fiction(River Stones)#5》2018 / 《Summer Fiction(River Stones)#7》2018 / 《Summer Fiction(River Stones)#8》2018 / 《Summer Fiction(River Stones)#9》2018
    《Smoke and Fog(マテリアルのユーレイ)#48》2022
    会場
    市原湖畔美術館
    会期
    2022年4月16日(土)〜6月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    平日/10:00~17:00
    土曜・祝前日/9:30~19:00
    日曜・祝日/9:30~18:00(最終入館は閉館時間の30分前まで)
    休館日
    毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
    住所
    〒290-0554 千葉県市原市不入 75-1
    電話 0436-98-1525
    公式サイト https://lsm-ichihara.jp/
    料金
    一般:1,000( 800 )円 / 大高生・65 歳以上:800( 600 )円
    *()内は 20 名以上の団体料金。
    *中学生以下無料・障がい者手帳をお持ちの方とその介添者( 1 名)は無料
    展覧会詳細 金氏徹平 S.F. (Something Falling/Floating) 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
    山形県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと120日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと15日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと71日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと22日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)