IM
    レポート
    デビュー50周年記念 村上もとか展
    弥生美術館 | 東京都
    様々なジャンルに挑み続ける実力派マンガ家、デビュー50周年の記念展覧会
    脳外科医が幕末にタイムスリップ、TVドラマも話題になった「JIN-仁-」
    「六三四の剣」「岳人列伝」「龍 ― RON ―」「フイチン再見!」等を紹介

    幕末医療ロマン「JIN-仁-」、日中近代史を壮大なスケールで描いた「龍-RON-」などで知られる漫画家、村上もとか(1951-)。

    様々なジャンルに挑み続ける実力派マンガ家のデビュー50周年を記念し、貴重な原画や資料でその全貌を紹介する展覧会が、弥生美術館で開催中です。



    弥生美術館「村上もとか展」入口前には花がいっぱい!


    まずは、村上もとかの最大のヒット作である「JIN-仁-」から。現代の脳外科医、南方仁が幕末の江戸にタイムスリップするストーリー。大沢たかおさん主演のテレビドラマも大きな話題となりました。

    遊女の平均寿命が驚くほど短かったことを知り、今であれば治せる病で亡くなっていったわれわれの祖先たちに思いをめぐらせた事が、連載のきっかけになりました。



    「JIN-仁-」


    村上さんは東京都世田谷区生まれ。高校時代に夢中になった同人誌活動を通じてマンガの描き方を学び、人気マンガ家・望月あきらのアシスタントに。

    手塚治虫が主宰していた雑誌『COM』への投稿を重ねました。



    「海のことば」 『COM』に初めて投稿した作品


    『COM』は休刊になってしまいましたが、『週刊少年ジャンプ』に投稿先を変え、レース漫画「燃えて走れ!」でデビュー。その後も「タイヤもの」の漫画を次々に描きました。

    「赤いペガサス」は、日本人F1ドライバーのケン・アカバの活躍を描くストーリー。連載当時、日本人にとってF1は遠い存在でしたが、実在の名ドライバーも登場する本作はファンの心を捉え、村上さんの出世作になりました。



    「赤いペガサス」


    「六三四の剣」は王道のスポーツ漫画。6月3日午後4時に剣道家夫妻の間に生まれた夏木六三四の成長を描き、テレビアニメ化されたヒット作です。

    レースも剣道もリアルな描写が村上作品の特徴ですが、村上さん自身は剣道の経験はなく、車に至っては免許も持っていなかったほど。入念な取材が、その作品世界を支えているのです。



    「六三四の剣」


    ひとつの作品がヒットしても、その成功にとどまらず、さまざまなジャンルに挑戦するのも村上さんの特徴です。

    「岳人列伝」は、クライマーたちと彼らを支えるシェルパ族を描いた作品。本格的山岳漫画として評価され、第6回講談社漫画賞少年部門を受賞しています。



    (左から)「獣剣伝説」  /  「岳人伝説」


    デビュー当時から村上さんが描きたかった題材が、満洲。子どもの頃に見た百科事典から満洲への憧れを持ち、いつか作品にしてみたいと考えていました。

    その思いが実現した作品が「龍 ― RON ―」。日中をまたにかけて活躍する青年・龍を描いた、壮大なスケールの物語です。



    「龍 ― RON ―」


    「フイチン再見!」は、実在のマンガ家・上田トシコ(1917-2008)の生涯を描いたノンフィクション的な作品。

    「フイチンさん」などの作品で少女マンガの黎明期を牽引した上田トシコを取材し、その話に魅せられた村上さんが漫画作品に。漫画史だけでなく、当時の社会状況も描き出した名作です。



    (左から)「フイチン再見!」 / 「フイチンさん」(上田トシコ 画)


    連載中の「侠医冬馬」は、幕末の医師が未知の感染症と闘う物語。2018年からの連載ですが、連載中に新型コロナが拡大、まさに時代を先取りした作品です。

    進んでいると思われた現代医療ですが、SNSで流言がとびかい、ワクチン接種で揉めるなど、江戸時代の人々と変わっていない事に気づかされます。



    「侠医冬馬」


    弥生美術館では展覧会に際して村上もとかに密着取材。会場では村上さん自身による制作の裏側に迫った作品解説もあり、より深くお楽しみいただけます。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年6月6日 ]


    「JIN-仁-」
    「六三四の剣」
    村上もとかが手がけた単行本
    「六三四の剣」
    「NAGISA」
    会場
    弥生美術館
    会期
    2022年6月4日(土)〜9月25日(日)
    開催中[あと91日]
    開館時間
    午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分までにお願いします)
    *新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります。
    休館日
    月曜日 *ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)開館、  7月19日(火)、9月20日(火)休館 *新型コロナウイルスの影響により、休館日が変更になる場合があります
    住所
    〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-3
    電話 03-3812-0012
    公式サイト https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
    料金
    一般1000円/大・高生 900円/中・小生500円
    (竹久夢二美術館もご覧いただけます)
    展覧会詳細 デビュー50周年記念 村上もとか展 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【寺田倉庫】WHAT MUSEUM アートキュレーター(学芸員) ※正社員 [WHAT MUSEUM]
    東京都
    玄武洞ミュージアム夏季アルバイトスタッフ募集 [玄武洞ミュージアム]
    兵庫県
    令和4年度埼玉県学芸員採用選考(考古、歴史) [県立博物館等]
    埼玉県
    ★2025年春開館予定施設★鳥取県立美術館 企画展示プロデューサー 募集! [倉吉市駄経寺町(鳥取県立美術館(開館予定日:2025年春)),開館前は鳥取県立美術館付近に設置する事務所(倉吉市内)を想定]
    鳥取県
    令和4(2022)年度 栃木県職員採用選考考査〔学芸員(考古)〕について [栃木県立博物館]
    栃木県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと91日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと19日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと22日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    もうすぐ終了[あと7日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード