読者
    レポート
    国際芸術祭「あいち2022」 STILL ALIVE 今、を生き抜くアートの力(レポート その1)
    愛知県 | 愛知県

    国際芸術祭「あいち2022」[STILL ALIVE-今、を生き抜くアートの力](以下、「あいち2022」)がはじまりました。「あいち2022」は、3年ごとに愛知県で開催される国内最大規模の国際芸術祭で、今回で5回目になります。

    現代美術展だけでなく、パフォーミングアーツ公演とラーニング・プログラムも同時に行われるところに特徴があります。



    あいち2022 オープニング


    「あいち2022」の見どころ

    現代美術展は県内4か所で展開されます。展示場所は、愛知芸術文化センター(名古屋市)、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)と、かなり広範囲に分散しています。まるで、サッカーの「フィールドを広く使う」というセオリーを実践したかのようです。それでは、順番に見どころを紹介します。


    愛知芸術文化センター

    地下鉄の連絡通路をぬけてB2Fの会場で最初に目にする作品は小野澤峻のインスタレーション≪演ずる造形≫です。高さ5mもある大型の作品で、ダイナミックに演技します。



    展示風景 小野澤峻


    止まっていると見過ごしてしまいそうですが、本当にダイナミックな動きをするので、クーラーで涼みながら、開演を待ちましょう。(開館時間中の毎時00分、20分、40分から)

    エレベーターで10Fに上がります。 河原温の展示の冒頭に「あいち2022」のテーマになった「STILL ALIVE」に関して、とても気になる作品がありました。以前から、なぜ「I AM STILL ALIVE」なのだろうと、疑問だったのですが、そのヒントを見つけたように思います。



    展示風景 河原温


    上部が丸く、白くて大きな円筒形の作品です。時々、中から「トン」という音がします。 ネタバレするので、これ以上お話しできませんが、とても面白いと思います。ちなみに、大人より子供に人気があるそうです。



    展示風景 ロバート・ブリア


    鉄骨のようなものと、オレンジ色が目立つ箱が並んでいます。この箱を彫刻と思って見てみてください。思わぬ発見があると思います。



    展示風景 カズ・オオシロ


    8Fに降りると、ロビーにヤシの鉢植がたくさん並んでいます。見ようによっては、ヤシの鉢植が展覧会の行列に並んでいるように見えておもしろいです。言うまでもなく、これらの鉢植は境界として配置されているのではなく、れっきとした作品です。



    展示風景 マルセル・ブロータース 


    作品全体を布やフィルムなどで覆ったインスタレーションも何点か見かけました。まるで新生活習慣に対応して、作品がシールドを張っているかのようです。



    展示風景 シュエ ウッモン(チー チー ターとのコラボレーション ) 


    ラーニングの展示室では、リサーチ・プロジェクトの成果が発表されています。美術展とは少し異なる雰囲気の展示ですが、井上唯の『“ほの国”を知るためのプロジェクト』が面白かったです。



    展示風景 井上唯


    愛知芸術文化センターではパフォーミングアーツ公演も行われます。 8月の『ユーロペラ3&4』、9月の『ジゼル』が楽しみです。その他、VR作品にも興味を惹かれるものがありますが、ヘッドセットが重くて、どちらかと言えば苦手です。

    また、様々なガイドツアープログラムも用意されています。例えば、ベビーカーツアー、筆談ツアー、みえない・みえづらい方のためのツアー、多言語ツアーなどです。こちらは、事前申込が必要なので、詳しくは「あいち2022」のHPの「ニュース」か、「ラーニング」→「ガイドツアー」を参照してください。


     → 国際芸術祭「あいち2022」(レポート その2)


    [ 取材・撮影・文:ひろ.すぎやま / 2022年7月29日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    愛知芸術文化センター
    一宮市
    常滑市
    有松地区(名古屋市)
    会期
    2022年7月30日(土)〜10月10日(月)
    もうすぐ終了[あと2日]
    住所
    愛知県
    公式サイト https://aichitriennale.jp/
    展覧会詳細 国際芸術祭「あいち2022」 STILL ALIVE 今、を生き抜くアートの力(レポート その1) 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)