読者
    レポート
    国際芸術祭「あいち2022」 STILL ALIVE 今、を生き抜くアートの力(レポート その2)
    愛知県 | 愛知県

    国際芸術祭「あいち2022」[STILL ALIVE-今、を生き抜くアートの力](以下、「あいち2022」)は、3年ごとに愛知県で開催される国内最大規模の国際芸術祭です。 現代美術展とパフォーミングアーツ公演、ラーニング・プログラムが同時に行われるところに特徴があります。

    先のレポートで紹介できなかった一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)会場の作品を紹介します。


    一宮市

    「美術」の中には「羊」がいるそうですが、なんのことかわかりますか。「美」の文字を上下に分割して、上の部分をよく見ると・・・。

    一宮は毛織物産業が盛んでした。当時の毛織物工場で使われていた機械類を保存している豊島記念資料館では、遠藤薫が羊にちなんだ作品を展示しています。中央の八角形の布の作品は「落下傘」(パラシュート)だそうです。



    展示風景 遠藤薫


    旧一宮市立中央看護専門学校では、病室のような展示空間を上手に使ったニャカロ・マレケの作品が印象的でした。天井から吊り下げられたパーツが輸液パックに似ていて、病室で点滴している場面を連想しました。



    展示風景 ニャカロ・マレケ 


    学校の隣のスケート場に展示されているアンネ・イムホフの作品は、まるでアクション映画の冒頭に事件が起こる直前のドキドキ感に似ています。時々、機器メンテナンスで休止になるので、その時は他の会場を見た後で再挑戦しましょう。



    展示風景 アンネ・イムホフ


    常滑市

    会場全体を通して、音感や触感を刺激する作品が多いように感じます。 例えば、デルシー・モレロスの作品は、材料を手でこねる音や手触り、匂いを強く感じます。



    展示風景 デルシー・モレロス


    服部文祥+石川竜一の≪THE JOURNEY WITH A GUN, AND NO MONEY≫も印象的な作品です。地図と骨と毛皮の展示、運が良ければチャイのおもてなしがあります。 こういう作品を見ると、芸術は拡張するものだと実感できます。

    常滑会場の注意点として、会場は路地と坂道の迷路の中にあります。今回も道に迷い、通りがかりの方に「旧丸利陶管」への道順を聞いたところ、「?」です。そこで、「シアスター・ゲイツ」を見たいと言ったら、「この道を戻って、・・・」と教えてくれました。

    シアスター・ゲイツは旧丸利陶管で展示している作家です。いつの間にか、建物名より有名になったようです。


    有松地区(名古屋市)

    旧東海道沿いの建物の軒先に色とりどりの短冊状の作品が並んでいます。厚手の布を使っているようですが、風になびく様子が気持ちいいです。



    展示風景  ミット・ジャイイン


    着物のかたちをした絵画作品で、絵柄にはたくさんの生物が描かれています。5枚の連作になっていて、なにやら水に関連する環境問題を提起しているようです。中央の牛が何か話しかけてきそうな雰囲気があります。



    展示風景  ユキ・キハラ


    最後に、「あいち2022」は会場が広大なので、全体を見るなら2-3日程度は必要です。 話題性の高いVR作品は事前予約が必要です。また、まちなか会場では日中の暑さ対策も大切です。

    「あいち2022」全体で、100名/組の作家・グループが参加します。きっと皆さんのお気に入りの作品が見つかると思います。 今年の夏は気楽に「あいち2022」を楽しみましょう。

     → 国際芸術祭「あいち2022」(レポート その1)


    [ 取材・撮影・文:ひろ.すぎやま / 2022年7月29日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    愛知芸術文化センター
    一宮市
    常滑市
    有松地区(名古屋市)
    会期
    2022年7月30日(土)〜10月10日(月)
    もうすぐ終了[あと2日]
    住所
    愛知県
    公式サイト https://aichitriennale.jp/
    展覧会詳細 国際芸術祭「あいち2022」 STILL ALIVE 今、を生き抜くアートの力(レポート その2) 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)