読者
    レポート
    円空 ―旅して、彫って、祈って―
    あべのハルカス美術館 | 大阪府


    両面宿儺坐像 岐阜県・千光寺


    2月2日よりあべのハルカス美術館の開館10周年を記念した展覧会「円空ー旅して、彫って、祈って」があべのハルカス美術館で開催されています。

    今年は、年明け早々に大きな地震や航空機事故などが立て続けに起こり、不穏な1年の始まりとなりましたが、そんな時、円空の慈愛に満ちた微笑み仏を観ることができるのは幸いです。

    旅の始まり

    今展覧会は、5章仕立てで、円空の足跡、旅路をたどることができます。

    円空仏といえば、多くの人が、ごつごつとした大胆な彫りの仏像をイメージするかもしれませんが、円空が神仏を彫り始めたごく初期には、表面を丁寧に削っています。ちょっと意外な気がします。



    大日如来坐像 三重県・浜城観音堂


    円空は、自ら壬申年(1632)に美濃国で生まれたと記しています。もっとも古い円空の作品は、32歳の時の作品で、それ以降1695年に亡くなるまで、まさに「旅して、彫って、祈り」ました。彼の死後100年近く経って出版された「近世畸人伝(きんせいきじんでん)」の中で、樹に仏を彫っている円空を伝えています。



    伴嵩蹊著「近世畸人伝」 京都府立京都学・歴彩館


    修行の旅、作風の変化

    円空の旅は続きます。40歳の時、法隆寺で法相宗に連なる僧であると認められます。その後、岐阜、愛知、三重のほか、奈良・吉野大峰山で修験の行者としての修行を重ねます。

    その中で、円空仏はすべすべした作風から、ごつごつとした大胆な作風へ変化します。

    髪を逆立て、怒りの表情を表す護法神像(荒神像)は、自然木に彫られています。円空は、生涯を通して多くの護法神像を製作したと言われていますが、これは、最初の一体ではないかと考えられています。



    護法神像(荒神像) 奈良県・栃尾観音堂


    会場では、約160体の円空仏が展示されていますが、円空が描いた大般若経の見返し絵も見ることができます。

    もともと巻子であったものを円空が補修した時に折本に改修したと考えられています。細かく描いているものから、大胆に省略されているものまでその変化が楽しいです。



    大般若経(巻第1) 三重県・片田自治会


    奈良県・松尾寺にある役行者椅像のなんと幸せそうに笑っておられることでしょう。観ている者まで思わず微笑んでしまいそうです。



    役行者椅像 奈良県・松尾寺


    神の声を聴きながら 50歳前後の円空仏

    不動明王といえば、めくるめく火焔光背が特徴とされますが、この不動明王の火焔光背は、彫刻を施さず、木を割ったままの形をそのまま用いています。それゆえの迫力です。



    不動明王及び二童子立像 栃木県・清瀧寺


    祈りの森 千光寺に伝わる円空仏


    円空は、飛騨・千光寺の住職・舜乗(しゅんじょう)と意気投合し、しばしば滞在し、彫刻に没頭したそうです。

    立木仏(地面に生えたままの立ち枯れた木を彫って作られた仏像)として伝わる金剛力士(仁王)立像は、「近世畸人伝(きんせいきじんでん)」の中に描かれたように彫られたとされています。

    背面に残る大きな節も迫力満点です。



    金剛力士(仁王)立像(吽形) 岐阜県・千光寺


    千光寺に三十一体残る菩薩立像は、圧巻です。同じ様に見えながら、一体ずつに個性が表れている三十一体を観ながら、円空が彫りながら考えたこと、祈ったことに思いを馳せたいと思います。



    観音三十三応現身立像 岐阜県・千光寺


    旅の終わり

    千光寺滞在前後からの最後の10年間も、円空は、旅し、彫り、祈り続けています。多様な円空仏を各地でみることができます。

    仏像ではありませんが、この時期に彫られた柿本人麻呂像のくつろいだ表情は、やさしさに満ちています。

    円空自身、歌を詠むので、人麻呂をあがめ、各地に人麻呂像を残しています。



    柿本人麻呂坐像 岐阜県・東山神明神社(飛騨高山まちの博物館 寄託)


    前回の大がかりな円空展が、東北大震災復興を願って、2015年福島県立美術館で開催されました。その時も、多くの人が円空仏によって慰められたと聞きます。

    期せずして、今回の展覧会は、能登の地震直後の開催となりました。そこになにかの因縁さえ感じます。微笑む円空仏を観た私たちにできることを考えたいと思います。

    今回の展覧会は、あべのハルカス美術館開館10周年記念ということで、巡回せず、あべのハルカス美術館のみの開催です。お見逃しなく!

    [ 取材・撮影・文:atsuko.s / 2024年2月1日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    あべのハルカス美術館
    会期
    2024年2月2日(金)〜4月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    火~金 / 10:00~20:00
    月土日祝 / 10:00~18:00
    *入館は閉館30分前まで
    休館日
    3月4日(月)
    住所
    〒545-6016 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
    電話 06-4399-9050
    公式サイト https://www.aham.jp/
    展覧会詳細 円空 ―旅して、彫って、祈って― 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    青森県立美術館では学芸員を募集しています。 [青森県立美術館]
    青森県
    府中市郷土の森博物館 アルバイト募集中!(プラネタリウム・天体観望会等の運営補助) [府中市郷土の森博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    もうすぐ終了[あと3日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと114日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    4
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    超・日本刀入門 revive
    開催まであと9日
    2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと45日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)