IM
    レポート
    キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    200年後に出版された超精密画集
    1768年、太平洋に出帆した英国海軍のジェームズ・クック(1728-79)。約3年に渡る探検航海では珍しい植物が多数採集されました。全743点の「バンクス花譜集(かふしゅう)」から120点を厳選して紹介する企画展が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
    第2章「ニュージーランド―勇ましき戦士たちの島」
    プロローグ「科学的発見を目指した太平洋への航海」
    第1章「ソサエティ・アイランズ―金星観測の成功」
    第2章「ニュージーランド―勇ましき戦士たちの島」
    第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」
    エンデヴァー号船内の再現
    第4章「ジャワ―パーキンソン最期の地」
    インドネシアの装身具から、ジャワ更紗
    「ボタニカル・アート コーナー」左から、エティエンヌ・アドルフ・ピオ《花売りの娘》 / ジャン=バティスト・ユエ《羊飼い姿のヴィーナス》
    キャプテン・クックとして知られるジェームズ・クック。1768年8月26日~1771年7月12日に行われた第一回太平洋探検航海に同行したのが、「プラントハンター」のジョゼフ・バンクス(1743-1820)です。

    大航海時代において、それまで知られていなかった植物を採集するのがプラントハンター。バンクスは植物学者や画家らによる科学班を率いて探検航海に同行し、帰国後に豪華な植物図鑑を出版する事となります。

    展覧会ではBunkamura ザ・ミュージアムが所蔵する「バンクス花譜集」から、オーストラリアや太平洋の島々の植物を描いた銅版画を中心に紹介していきます。


    会場入口から

    会場構成は以下です

     プロローグ「科学的発見を目指した太平洋への航海」
     第1章「ソサエティ・アイランズ―金星観測の成功」
     第2章「ニュージーランド―勇ましき戦士たちの島」
     第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」
     第4章「ジャワ―パーキンソン最期の地」
     エピローグ「凱旋帰国、そして『バンクス花譜集』の出版へ」

    バンクスは1771年に帰国した後、植物図譜の出版作業を進めましたが、自身の多忙や資金の欠如などで思うように進まないまま1820年に死去。残念ながら、存命中の出版はかないませんでした。オリジナルの銅版を用いて多色刷りの「バンクス花譜集」が出版されたのは、実に航海から200年以上も経った1980年代の事です。


    第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」

    「バンクス花譜集」は銅版画で、バンクスが持ち帰った植物標本と、探検航海に同行した画家のシドニー・パーキンソンによる写生をもとにしています(ちなみにパーキンソンは航海中に客死しました)。精密な描写は当然ながら、何よりも絵そのものの美しさが目にとまります。

    楽しんでいただきたいのが、絵に添えられた植物の説明。「やぶの中でトイレットペーパーとして使われる」「毒性のある果実は魚捕りに使う」「紙のような樹皮は遺体を包むために使われた」などなど、ユニークです。


    バンクス自身の名前を冠する事になった「バンクシア」の数々

    会場には太平洋地域の民族資料やクックの関連資料も展示されています。

    クックが指揮したのは、長さ33.3メートルのエンデヴァー号。4つの甲板を持つ帆船で、オーストラリア国立海事博物館にはエンデヴァー号を再現した現役の船もあるそうです。


    民族資料などの展示も

    公式サイトではさまざまなコラボグッズも紹介されています。注目は本展とBunkamuraル・シネマの映画「ナショナルギャラリー 英国の至宝」(1/17よりロードショー)がセットになった「Bunkamuraプレシャスチケットセット」、セットで2,500円(税込)です。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月22日 ]

    キャプテン・クック―世紀の大航海者キャプテン・クック―世紀の大航海者

    フランク マクリン (著), Frank Mclynn (原著), 日暮 雅通 (翻訳)

    東洋書林
    ¥ 4,860

    料金一般当日:1,300円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2014年12月23日(火)~2015年3月1日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00迄) ※入館は各閉館の30分前まで
    休館日
    1月1日(木・祝)、1月26日(月)休館
    住所
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    電話 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_banks/index.html
    料金
    一般 1,300(1,100)円/大学・高校生 900(700)円/中学・小学生 600(400)円
    ※()内は20名以上の団体料金及び前売り料金
    展覧会詳細 キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【登録有形文化財】東山旧岸邸 企画運営スタッフ募集 [東山旧岸邸]
    静岡県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    読売新聞社イベント企画部署での運営サポート [読売新聞東京本社 事業局事業戦略センター]
    東京都
    やなせたかし記念館の学芸員を募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    大阪市公文書館調査員会計年度任用職員募集中! [大阪市公文書館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと46日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと46日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと136日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    開催中[あと18日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    5
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    開催中[あと18日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)