IM
    レポート
    日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    世界巡回展が里帰り
    豊かな自然と風土が、多様な住まいを育んできた日本。近代建築においても個性的な住宅が数多く建てられました。日本をよく知る4人のフランス人が、日本の住宅建築を紹介する展覧会が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
    会場「今の家」
    「昨日の家」
    (左奥から)夏の家 アントニン・レーモンド / 前川國男邸 前川國男
    坂口恭平《Dig-Ital》
    窓の家 吉村靖孝建築設計事務所
    大きなすきまのある生活 西田司+萬玉直子(オンデザインパートナーズ)
    +node 前田圭介(UID)
    「東京の家」
    (左から)マニュエル・タルディッツ(建築家・みかんぐみ共同代表)、ファビアン・モデュイ(建築家)、太田勉(パナソニック汐留ミュージアム館長)、ヴェロニック・ウルス(建築家)、ジェレミ・ステラ(写真家)
    本展を企画したのはジェレミ・ステラ(写真家)、ヴェロニック・ウルス(建築家)、ファビアン・モデュイ(建築家)、マニュエル・ タルディッツ(建築家・みかんぐみ共同代表)。2014年5月からフランス、スイス、ベルギー、オランダを巡回した展覧会の帰国展です。

    まず紹介されるのは「昨日の家」。20世紀の日本の住宅建築、14作品が紹介されています。

    ここで紹介されているのは、日本のモダニズム建築の父といわれるアントニン・レーモンドをはじめ、前川國男、清家清、丹下健三など日本建築史に残る錚錚たる面々から、安藤忠雄や伊東豊雄など現在は大御所となった建築家まで。彼らは住宅だけでなく大規模な建築も手掛け、文字通り戦後日本の姿を作ってきたといえる存在です(ちなみにフランスでは、建築家が住宅建築を手掛けることはまれです)。

    アール状の壁面で囲まれたスペースでは、ゲストアーティストの坂口恭平さんの作品も展示。屹立する建築物を描いた《Dig-Ital》です。


    「昨日の家」、ゲストアーティスト(坂口恭平)

    展覧会のメインは「今の家」。21世紀になってから竣工した新しい住宅建築が、写真と模型で紹介されています。

    紹介されている家は、大きなデッキが張り出したり、建物の間に隙間があったり、広い天窓から空が見えたりと、かなり個性的。施主へのインタビューも掲載されており、それぞれが自分の家に強い愛情と誇りを持っている事が分かります。

    会場最後は「東京の家」。写真家のジェレミ・ステラが撮影した個人住宅を紹介。写真には建物だけでなく町の人々も写っており、日常の中にある個性的な建物をドキュメンタリータッチで切り取っています。


    「今の家」「東京の家」

    法規や面積など、さまざまな制約を乗り越えて建てられた個性的な住宅たち。「日本のユニークな住宅デザインをフランス人が紹介する」という珍しい試みですが、とても誇らしく思えます。巡回はせずに、東京だけでの開催です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年4月7日 ]

    日本、家の列島日本、家の列島

    ヴェロニック・ウルス (編集), ジェレミ・ステラ (編集), マニュエル・タルディッツ (編集), ファビアン・モデュイ (編集), パナソニック 汐留ミュージアム (編集)

    鹿島出版会
    ¥ 2,484


    ■日本、家の列島 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2017年4月8日(土)~6月25日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    休館日
    水曜日(ただし5月3日は開館)
    住所
    東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://panasonic.co.jp/es/museum/
    料金
    一般:800円 65歳以上:700円 大学生:600円 中・高校生:200円 小学生以下:無料
    20名以上の団体:各100円割引
    障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能
    展覧会詳細 日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン― 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと21日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと184日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと20日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと79日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと149日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード