殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝

あこがれの外来文化

漢字が読めない方が多いかもしれません。「黄檗」と書いて、おうばく。江戸時代に中国から伝えられた禅宗の一派で、日本の文化にもさまざまな影響を与えました。黄檗の伝来と広がり、そして鳥取県との関係に着目した展覧会が、鳥取県立博物館で開催中です。

  • 《費隠通容像》張琦筆、費隠通容賛 崇禎15年(1642) 萬福寺(京都府宇治市)
  • (左から)重要文化財《隠元隆琦墨蹟 額字原書「黄檗山」》隠元隆琦 江戸時代 / 重要文化財《萬福寺境内図》江戸時代 ともに萬福寺(京都府宇治市)
  • 《涅槃図》蓮浦洪基 康熙61年(1722) 興禅寺(鳥取市)
  • 重要文化財《五百羅漢図》池大雅 江戸時代 萬福寺(京都府宇治市)
  • (左から)静岡県指定文化財《独湛性瑩像》喜多元規筆、独湛性瑩賛 天和2年(1682) 初山宝林寺(静岡県浜松市) / 《立花忠茂像》喜多元規筆、木庵性瑫賛 延宝4年(1676) 立花家史料館(福岡県柳川市)
  • (左から)福岡県指定文化財《藕糸織弥陀三尊来迎図》隠元隆琦賛 賛:寛文10年(1670) / 《藕糸織霊山浄土図》江戸時代 / 《藕糸織聖衆来迎図》隠元隆琦賛 江戸時代 いずれも福聚寺(福岡県北九州市)
  • 鳥取藩初代~11代藩主の肖像と位牌が並ぶ
  • 《華光菩薩像》江戸時代 興禅寺(鳥取市)
  • (左から)《了春開山大和尚肖像(独吼性獅像)》喜多元規筆、独吼性獅賛 江戸時代前期 / 《独吼性獅像》江戸時代 ともに了春寺(鳥取県米子市)

曹洞宗、臨済宗とともに、日本における三禅宗のひとつである黄檗宗。大本山は京都の萬福寺。特に高い寺格とされる「黄檗三叢林」は、仙台の大年寺、萩の東光寺、そして鳥取の興禅寺です。

中国地方で黄檗をテーマにした展覧会は初めて。萬福寺の総門を模したゲートをくぐり、全4章で構成されています。

第1章は「隠元禅師の来日と黄檗禅林の美」。黄檗宗を日本に伝えたのは中国の高僧・隠元隆琦(いんげんりゅうき)です。長崎の華僑の人々から度重なる要請を受け、承応3年(1654)に来日しました。

隠元がもたらしたのが、臨済宗の一派である黄檗です。当時、日本の禅宗が停滞していると考える僧たちの力添えで、4代将軍徳川家光に謁見し、萬福寺を開創しました。

黄檗宗はその教えだけでなく、明・清時代の中国からさまざまな文化をもたらしました。明朝体、木魚、煎茶などのほか、インゲンマメには、ずばり隠元の名が残っています。

この章にある珍しい涅槃図も、清から入ってきた作品。動物まで嘆き悲しむ、という一般的な図像と異なり、釈迦は樹に寄りかかり、動物は無し。人物の陰影4表現も特徴的です。



第2章は「黄檗に魅せられた全国の殿様たち」。仙台藩主の伊達家、萩藩主の毛利家、そして鳥取藩主の池田家は、黄檗の教えに共鳴し、大名家の宗旨として帰依。家臣や領内にも伝播し、黄檗の勢力は拡大していきました。

この章に多く展示されている黄檗の肖像画は、やや異様です。それまでの一般的な頂相(禅僧の肖像画)は斜め向きに描かれるのに対し、黄檗の頂相は正面向き。陰影も付いているので、かなりリアルです。

第3章「黄檗の雄 鳥取藩主池田家と興禅寺」では、鳥取と黄檗の関係について掘り下げます。

現在の興禅寺は、もとは臨済宗妙心寺派の龍峰寺でした。住職の堤宗(ていじゅう)は、厳しい戒律の黄檗の教えに共鳴。堤住を父のように慕っていた鳥取藩初代藩主の池田光仲も、黄檗に宗旨替えし、寺の名前は興禅寺に改められました。

最先端の文化をもたらした黄檗には、当時の文化人も惹きつけられました。俳諧師、儒者、医師、文人などが集い、興禅寺は鳥取藩における文化サロンのような位置付けとなります。

本展の見どころのひとつと言えるのが、歴代藩主の位牌と肖像。初代から11代までの肖像と位牌が揃うのは、なんと150年ぶりです。

ここでは興禅寺の仏像も紹介。目尻が吊り上がり、腹部に巾着のような花結びがあるなど、こちらも異形。黄檗様式と呼ばれる、中国式の造形です。

第4章は「因幡・伯耆の黄檗寺院」。現在の鳥取県内の黄檗寺院は7寺ですが、江戸時代の最盛期には30を超えていました。

鳥取県内の寺院には、他の宗派の寺院にも関わらず、黄檗宗の影響を受けた寺院が見られる事から、黄檗が鳥取で広く支持されていた事が分かります。

展覧会を見た方は、近くの興禅寺もオススメです。書院の北側に、見事な庭園が残っています。展覧会会場の鳥取県立博物館から、歩いて15分程です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月7日 ]

和華 第21号―日中文化交流誌 特集:知っていますか?黄檗宗和華 第21号―日中文化交流誌 特集:知っていますか?黄檗宗

王苗 (著)、周鋒 (著)

アジア太平洋観光社
¥ 763

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2019年10月5日(土)~11月4日(月・振休)