《牛の番をする農婦、モンフコー》

このキャラの応援メッセージを見る


牛の番をする農婦、モンフコー カミーユ・ピサロ 1875年 油彩、画布 岐阜県美術館蔵(田口コレクション)

岐阜県美術館


カミーユ・ピサロ(1830-1903)は全8回の印象派展の全てに参加した唯一の画家です。ピサロはその長い画業においてフランス各地の風景画を描いていますが、ブルターニュとノルマンディーの間の小村モンフコー滞在時には、農家や田舎の生活をイメージした作品を制作しました。この作品では、暖かな陽光がそそぐ穏やかなひとときが、太く短い筆致の重ねとリズミカルな色彩によって表現されています。

また。この作品は、画家ポール・ゴーギャンが旧蔵していたことが知られています。当時まだ株式仲買人として働き日曜画家だったゴーギャンは、18歳年上のピサロを師として慕い、のちに共に絵を描くようになりました。


担当者からのコメント

2021年はじめの展覧会「三菱一号館美術館共同企画 1894 Visions ロートレックとその時代」に展示します。同時代の芸術家の作品と共にたのしみください。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
虎屋グループの会社が運営する文化施設で管理職募集! [御殿場市東山旧岸邸]
静岡県
東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
東京都
はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
広島県
山梨県立科学館 インフォメーションスタッフ募集 [山梨県立科学館]
山梨県
【令和5年度採用】鳥取市歴史博物館 学芸員(正職員/美術系)募集について [鳥取市歴史博物館(やまびこ館)]
鳥取県
展覧会ランキング
1
寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
もうすぐ終了[あと3日]
2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
2
静嘉堂文庫美術館 | 東京都
響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
もうすぐ終了[あと10日]
2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
3
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
開催中[あと59日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
4
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと73日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
開催中[あと45日]
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)