《こころのリンク-均衡-》

このキャラの応援メッセージを見る

《こころのリンク-均衡-》 小田橋昌代
撮影:室澤敏晴

富山市ガラス美術館


小田橋昌代は、主に人間をモチーフに、型にガラスを詰めて焼成する「キャスト」と呼ばれる技法を用いて作品の制作を行っています。作家の生み出す人物像は、顔や手足といった素肌を見せる部分が不透明なエナメルにより着色され、独特の風合いを持つ一方で、身体を包む衣服が半透明のガラスにより形づくられています。光を柔らかに透かし見せる衣服の様子は、表された人物の存在を曖昧で希薄なものとすると同時に、作品全体に浮遊感を与えています。作品を通して作家が表現しようと試みるのは、「私的で内密な世界」です。私たちは、内なる世界と向き合うかのように目をつぶる小田橋の人物像と相対することで、作品を介して自身の内面へと意識を向けることとなるでしょう。
2011年に制作された本作《こころの均衡-リンク-》は、ウサギの耳付き帽子をかぶった二人の人物が背中合わせに座り、一筋の銀色の紐を互いに持つ姿で表されています。その様子から、自身の内面と向き合うことで見つけたもう一人の自分と、こころの中で対話をしているかのようにも見えます。


担当者からのコメント

ウサギの耳の付いた帽子をかぶる可愛らしい作品です。当館ウェブサイトの「コレクション」(収蔵品検索システム)でもご紹介しています。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)