《雲龍図》

この作品の応援メッセージを見る

《雲龍図》 

八幡市立松花堂庭園・美術館


作者は不詳ですが、制作年代は17世紀頃と考えられる作品です。
この作品は、昭和52年に八幡市が、松花堂庭園の旧所有者である塚本清(素山)氏から譲り受けた所蔵品のひとつです。昭和40年代頃には、泉坊の書院(主室)南西面の大床に掛けられていました。


担当者からのコメント

≪雲龍図≫が昭和40年代頃に掛けられていた泉坊は、かつて石清水八幡宮のある男山の中腹に存在した僧坊です。石清水八幡宮の社僧・松花堂昭乗(1584~1639)はその敷地内に「松花堂」という小さな方丈の草庵を建て、隠居所としました。明治の神仏分離令のもと、男山山中から取り払われた部材を井上伊三郎という人が譲り受け、現在松花堂庭園・美術館がある場所へ移築しました。今から115年ほど前のことです。
長くうねった胴体と鋭い爪を雲間から覗かせます。あらゆる魔を払ってくれそうな頼もしい姿です。鋭いけれども、どこか愛嬌のある龍の顔が見どころです

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
東京都
【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと37日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと37日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと9日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)