《前立「龍」》

この作品の応援メッセージを見る

《前立「龍」》(本小札色々縅二枚胴具足より) 江戸時代中期

もりおか歴史文化館


盛岡藩主が着用した儀式用の式正鎧として古式を踏まえて制作された具足。歴代当主を描いた「南部氏歴代当主画像」に9代藩主・南部利雄がこの鎧を着用した姿が描かれている。兜は黒漆塗四十四間四方白筋兜で、黒漆で固めて金箔を施した大振りな鍬形、中央には木彫りに金泥塗の龍の前立が据えられている。


担当者からのコメント

間近で見るととても迫力のある龍の前立。「南部家歴代当主画像」に描かれている35人の当主のうち、実に30人が龍の前立を据えた兜を着用しています。武将にとって最も重要な頭部を守る兜の鍬形や前立には、その武将の強い信仰と意志が込められているとされます。「龍」は南部家にとって、戦の守り神というだけではなく、畏敬の念を抱く対象、領地の平安・民の安寧祈念の対象だったのではないでしょうか。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
東京都
【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと37日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと37日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと9日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)