和宮 江戸へ -ふれた品物 みた世界-

    東京都江戸東京博物館 | 東京都

    江戸時代において、 将軍および将軍世子の正室は、 3代徳川家光の正室孝子以降、 宮家・摂家などから迎えるのが習わしでした。 そのなかでも異例だったのは、 皇女との婚姻です。 仁孝天皇の皇女で孝明天皇の皇妹和宮は、 14代家茂の正室として降嫁しています。 このように、 将軍の正室の多くは公家社会の出身で、 彼女たちを介して京都の宮廷文化が江戸城の奥に浸透しました。 和宮は、 大奥における生活習慣を武家風と御所風の和合に努めた人物です。 では、 その和宮は江戸城において何を見て、 どのようなものに触れ、 いかなる暮らしをしていたのでしょうか。 本展覧会では、 徳川宗家に伝来する和宮が使用した調度品をはじめ、 孝明天皇から和宮が拝領した銀製品、 和宮直筆の和歌や消息などを中心に、 東京都江戸東京博物館所蔵品を加え、 和宮が実際に見たり触れたりした様々な作品を展示します。 これらの作品を通して、 和宮の内面や暮らしぶりを感じていただきたいです。
    会期
    2021年1月2日(土)〜2月23日(火)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時30分 ※入館は閉館の30分前まで
    料金
    企画展は常設展観覧料でご覧になれます
    一般 600円(480円)/大学・専門学校生 480円(380円)/中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円)/中学生(都内)・小学生以下無料
    ※( )内は20人以上の団体料金。 消費税込。
    休館日 1月12日(火)・25日(月)、 2月1日(月)・8日(月)・15日(月)・22日(月)
    会場
    東京都江戸東京博物館
    住所
    〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
    03-3626-9974(代表)
    和宮 江戸へ -ふれた品物 みた世界-のレポート
    3
    天皇の娘・皇女という高い身分でありながら徳川将軍家に嫁いだ和宮
    御所で暮らしていた和宮が江戸で何に触れ、どのように暮らしていたのか
    展覧会には徳川記念財団が協力、豪華な婚礼道具などゆかりの品々は必見

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと205日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと41日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと240日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと52日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと76日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    高知市立自由民権記念館 企画・広報募集 [高知市立自由民権記念館]
    高知県
    横尾忠則現代美術館での受付スタッフ(お仕事No 210708r)) [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード