IM
    レポート
    和宮 江戸へ ― ふれた品物 みた世界 ―
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    天皇の娘・皇女という高い身分でありながら徳川将軍家に嫁いだ和宮
    御所で暮らしていた和宮が江戸で何に触れ、どのように暮らしていたのか
    展覧会には徳川記念財団が協力、豪華な婚礼道具などゆかりの品々は必見

    江戸時代の14代将軍、徳川家茂の正室・和宮。幕末の混乱の中、「公武合体」という理由があるにせよ、皇女である和宮と将軍家の婚姻は、異例中の異例といえる出来事でした。

    江戸に嫁いだ和宮は、何を見て、どのようなものに触れ、どんな暮らしをしていたのか。ゆかりの品々を紹介する展覧会が、江戸東京博物館で始まりました。


    「和宮 江戸へ ― ふれた品物 みた世界 ―」会場入口
    「和宮 江戸へ ― ふれた品物 みた世界 ―」会場入口


    徳川記念財団が協力して実現した本展。冒頭のプロローグには、和宮の婚礼道具としてつくられた茶碗などが並びます。

    和宮は仁孝天皇の皇女で孝明天皇の皇妹。将軍と皇女の婚姻としては、霊元天皇の皇女・八十姫も7代家継と婚約しましたが、結婚する前に家継は亡くなっているため、実際に降嫁したのは和宮だけです。


    (左から)和宮所用《銀葵葉菊紋散花桐唐草 茶碗・茶台》江戸時代末期 東京都江戸東京博物館 / 和宮所用《村梨子地葵葉菊紋散花桐唐草蒔絵 茶碗・茶台》江戸時代末期 東京都江戸東京博物館 / 和宮所用《菊紋亀甲菊染付 茶碗・銀葉菊紋散花桐唐草 茶台》19世紀 德川記念財団[すべて全期間展示]
    (左から)和宮所用《銀葵葉菊紋散花桐唐草 茶碗・茶台》江戸時代末期 東京都江戸東京博物館 / 和宮所用《村梨子地葵葉菊紋散花桐唐草蒔絵 茶碗・茶台》江戸時代末期 東京都江戸東京博物館 / 和宮所用《菊紋亀甲菊染付 茶碗・銀葉菊紋散花桐唐草 茶台》19世紀 德川記念財団[すべて全期間展示]


    展覧会の第1章は「決意の下向」。和宮の父・仁孝天皇は、和宮が出生する前に死去。「和宮」の名は、兄の孝明天皇が名付けました。

    4歳の時に有栖川宮熾仁親王と婚約した和宮ですが、激動の幕末期に幕府の権威が失墜する中、公武合体論が台頭。有栖川宮との婚約は破棄され、和宮は家茂のもとへ嫁ぐ事となります。

    《和宮江戸下向絵巻》には、鴨川を渡る和宮の車の行列が。江戸に下る和宮の哀しさがあらわれているような描写です。


    関行篤 詞書《和宮江戸下向絵巻》文久2年(1862)東京都江戸東京博物館[展示期間:1/2~1/31]
    関行篤 詞書《和宮江戸下向絵巻》文久2年(1862)東京都江戸東京博物館[展示期間:1/2~1/31]


    第2章は「背の君 徳川家茂」。家茂は紀伊徳川家の出身、和宮とは同い年です。13代家定の次の将軍をめぐる一橋派と南紀派の争いの末、13歳で将軍になりました。

    家茂と和宮が結婚したのは16歳の時。時代の波に翻弄されて夫婦になったふたりですが、仲は睦まじく、和歌や簪などを贈りあうほど。手紙のやりとりも欠かさず、会場にも互いを思いやる手紙が展示されています。

    ただ、家茂は21歳で早世。和宮との結婚生活は、わずか4年あまりに終わりました。


    川村清雄 筆《徳川家茂像》明治17年(1884)頃 德川記念財団[全期間展示]
    川村清雄 筆《徳川家茂像》明治17年(1884)頃 德川記念財団[全期間展示]

    徳川家茂所用《石文具》19世紀 德川記念財団[全期間展示]
    徳川家茂所用《石文具》19世紀 德川記念財団[全期間展示]


    最も華やかなコーナーが第3章「調えられた品々」。和宮が実際に使った調度品などが並びます。

    降嫁に際し、和宮は中山道を下りましたが、婚礼道具は東海道を17日かけて運ばれました。

    京都では御所風の暮らしを送っていた和宮。江戸に嫁いだ事で、大奥で武家風の生活様式と和合し、文字通りの「公武合体」を成し遂げたといえます。


    (左から)和宮所用《金糸竹虎文様 懐紙挟・煙草入・煙管入》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31] / 和宮所用《鼈甲かんざし》19世紀 德川記念財団[全期間展示] / 和宮所用《朱地波に鶴・蜻蛉に蝶金銀彩 蝙蝠扇》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31]
    (左から)和宮所用《金糸竹虎文様 懐紙挟・煙草入・煙管入》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31] / 和宮所用《鼈甲かんざし》19世紀 德川記念財団[全期間展示] / 和宮所用《朱地波に鶴・蜻蛉に蝶金銀彩 蝙蝠扇》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31]

    和宮所用《葵葉菊紋散婚礼調度 村梨子地葵葉菊紋散花桐唐草蒔絵 眉作箱》19世紀 東京都江戸東京博物館[全期間展示]
    和宮所用《葵葉菊紋散婚礼調度 村梨子地葵葉菊紋散花桐唐草蒔絵 眉作箱》19世紀 東京都江戸東京博物館[全期間展示]


    エピローグには、和宮所蔵と伝わる《浅葱縮緬地松竹梅桜菊網干文様 小袖》が。海辺を舞台にした謡曲や古典文学に取材した文様とみられます。

    夫に先立たれた和宮ですが、戊辰戦争では徳川家存続のために奔走。明治維新後も、皇室、徳川家ともに親しく交わりながら、平穏な生活を送りました。和宮も32歳で早世、家茂と同じ増上寺に葬られています。


    伝和宮着用《浅葱縮緬地松竹梅桜菊網干文様 小袖》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31]
    伝和宮着用《浅葱縮緬地松竹梅桜菊網干文様 小袖》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31]


    家茂と和宮の物語はドラマなどでもしばしば描かれますが、実際に使われた品々を見ると、現実味が増して迫ってきます。歴史ファンにはたまらない展覧会です。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年12月25日 ]

    第1章「決意の下向」
    第2章「背の君 徳川家茂」
    《磁器透かし絵》万延元年(1860) 德川記念財団[全期間展示](作品替え)
    徳川家茂 筆《一行書「華開萬國春」》19世紀 德川記念財団[展示期間:1/2~1/31]
    《和宮書簡 徳川家茂宛》元治元年(1964)2月9日 個人(徳川宗家文書)[全期間展示]
    第3章「調えられた品々」
    会場
    東京都江戸東京博物館
    会期
    2021年1月2日(土)〜2月23日(火)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時30分 ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    1月12日(火)・25日(月)、 2月1日(月)・8日(月)・15日(月)・22日(月)
    住所
    〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
    電話 03-3626-9974(代表)
    料金
    企画展は常設展観覧料でご覧になれます
    一般 600円(480円)/大学・専門学校生 480円(380円)/中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円)/中学生(都内)・小学生以下無料
    ※( )内は20人以上の団体料金。 消費税込。
    展覧会詳細 和宮 江戸へ ― ふれた品物 みた世界 ― 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 
    開催中[あと39日]
    2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
    2
    サンシャイン水族館 | 東京都
    ざんねんないきもの展2
    開催中[あと39日]
    2020年10月30日(金)〜2021年5月30日(日)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催中[あと25日]
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    山王美術館 | 大阪府
    生誕180年 ルノワール展
    開催中[あと101日]
    2021年3月4日(木)〜7月31日(土)
    5
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
    開催中[あと67日]
    2021年4月16日(金)〜6月27日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    体験没入型ミュージアム@六本木 運営&ショップマネージャー募集 [六本木ミュージアム]
    東京都
    釧路市立美術館 学芸員(会計年度任用職員)の募集 [釧路市立美術館]
    北海道
    能登川博物館 会計年度任用職員(フルタイム)募集 [東近江市能登川博物館]
    滋賀県
    【山梨県立科学館】運営マネージャー 募集 [山梨県立科学館]
    山梨県
    Bunkamura ザ・ミュージアム 展覧会業務  契約社員/パートタイマー募集 [Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷駅徒歩7分)]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード