海老原美術研究所開設70周年記念

    エビハラがいた時代:1945-1976

    熊本県立美術館 本館 | 熊本県

    本展は、戦後熊本の美術を牽引した鹿児島出身の画家・海老原喜之助(1904―70)の活動の軌跡をたどるものです。戦争末期、熊本に疎開した海老原は、1951(昭和26)年に熊本市内で画塾「海老原美術研究所」を設立。熊本を活動の拠点としつつ、若手画家たちを育成してゆきます。そのかたわら、海老原は記念碑や壁画の制作、公募展の審査員などをとおして、地域文化の活性化につくしました。彼は1960(昭和35)年に熊本を去るのですが、以後もその存在は熊本に影響を与え続けました。 海老原美術研究所の設立70周年を記念して開催する本展は、海老原の代表作を軸に、関連画家や教え子たちの作品、そして資料により、戦後の熊本美術を振り返るものです。元々熊本とは何のゆかりもなかった海老原は、いわば「異邦人」です。しかし熊本の人々は、彼と共に新たな時代の郷土美術を生みだそうとしていました。本展では、画家と人々が共に支えあった、熱い時代の再現を試みます。
    会期
    2022年2月25日(金)〜3月30日(水)
    会期終了
    開館時間
    9時30分~17時15分(入館は16時45分まで)
    料金
    一般1,100円(900円)、大学生900円(700円)、高校生以下無料
    ※( )内は前売・20名以上の団体料金。
    ※障がい者手帳をお持ちの方無料。

    前売券【2月24日(木曜日)まで以下の場所で販売】
    びぷれす熊日プレイガイド、チケットぴあ[Pコード:685-856/セブン-イレブンほか]、ローソンチケット[Lコード:84148]、セブンチケット[セブンコード:092-078]、熊本市役所売店、長崎書店、染織工芸サロン和の國、崇城大学売店、熊日販売店、熊本県立劇場、熊本県立美術館分館
    休館日 3月7日(月)、14日(月)、22日(火)、28日(月)※2月28日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館。
    公式サイト https://www.pref.kumamoto.jp/site/museum/
    会場
    熊本県立美術館 本館
    住所
    〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2番
    096-352-2111
    おすすめレポート
    学芸員募集
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団 文芸企画員(特別雇用職員)募集中 [三鷹市吉村昭書斎]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと61日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと26日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    開催中[あと20日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと54日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    東北歴史博物館 | 宮城県
    世界遺産 大シルクロード展
    開催中[あと54日]
    2024年4月9日(火)〜6月9日(日)