特別企画展

    甦る日本画家 木下翠雨

    米子出身の日本画家、没後75年にして初の回顧展

    米子市美術館 | 鳥取県

    木下翠雨[きのした・すいう/1868-1946]は、1902年第32回日本美術協会展出品作《秋景山水》が 宮内省に買い上げられ、明治期の『現在今世名家書画一覧』などに番付された日本画家です。特に山水、 牡丹図を得意としたといいます。絵のほかに、漢詩・俳句を作り、書も優れていました。超俗隠栖であえて上京することなく地方画家に留まり、これまでその名を知られていませんでした。このたび翠雨没後75年を迎えるにあたり、初の回顧展を開催します。 翠雨は、鳥取県日南町阿毘縁(あびれ)の木下家に生まれました。のちに米子市東八幡に移り、春日村(現・米子市春日地区)村長を2期務めた人物です。南画家・藤田台石[ふじた・たいせき/1840–1915]を師とし、台石は息子の藤田苔巌[ふじた・たいがん/1863-1928]とともに翠雨を頼って山陰を遊歴したといい、台石・苔巌の作品は日野郡から米子を経由して奥出雲まで 多く作品がのこっています。 地方画家に留まった翠雨の足跡は未だ明らかにされていない部分が多く、宮内省買い上げ作品の所在も未だ不明ですが、現段階で解明できたことと、米子周辺で所有されている作品を紹介し、郷土作家の顕彰といたします。
    会期
    2021年7月16日(金)〜8月22日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00(最終入館17:30)
    料金
    一般500円、大学生以下無料
    その他各種割引あり
    休館日 毎週水曜日
    公式サイト http://yonagobunka.net/y-moa/
    会場
    米子市美術館
    住所
    〒683-0822 鳥取県米子市中町12
    0859-34-2424

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと21日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと184日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと20日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと79日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと149日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード