現存ただ一振(ふり) 幻の名刀 宗貞を中心に

    ―吉備の刀 名品展―

    きび美ミュージアム | 岡山県

    ■2階 翰墨(かんぼく)の間 「現存ただ一振(ふり) 幻の名刀 宗貞を中心に ―吉備の刀 名品展―」 吉備国は名刀の産地です。備前・備中は言うまでもなく、備後・美作においても優れた作が生み出されました。良質な砂鉄や燃料に恵まれたこと、流通に至便な地であったことなどが、日本刀づくりが栄えた要因と考えられます。当館の刀剣コレクションを代表する《太刀 銘「宗貞」》(平安末~鎌倉前期・岡山県指定重要文化財)は、備中・古青江の妹尾鍛冶の刀工、宗貞の作です。宗貞の現存例は他に無く、貴重なものといえます。そのほかにも所蔵品より、備前は《刀 銘「備州長船法光作」》、備後は古三原の《刀 銘「備州住正廣」》などを展観します。 ■1階 刀陶(とうとう)の間 「吉備と出会う ~古代吉備の遺物と備前焼~」 「吉備の真髄と出会う」をテーマに、考古遺物、備前焼、刀剣を展示します。考古遺物は倉敷市酒津出土の弥生土器や円筒埴輪、備前焼は須恵器から近代まで、その歴史を厳選された作品でご紹介。江戸時代以降に備前でさかんに制作された「細工物」を特集しています。 ■2階 有彩(ゆうさい)の間 「インスピレーション from 沖縄」 倉敷市本町生まれの画家・河原修平(かわはらしゅうへい)が、沖縄をモチーフに描いた作品を展示します。河原は戦前に訪れた沖縄に強い印象を受け、《南国の夢(B)》などの大作を制作しました。色どり豊かに描き出された作品群をご覧ください。
    会期
    2023年7月14日(金)〜10月3日(火)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    ※8月11日(金・祝)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)は20:00まで延長して開館
    料金
    一般700円 / 中高生500円 / 小学生300円
    休館日 月、火曜日 ※7月17日(月・祝)、8月14日(月)、15日(火)、9月18日(月・祝)開館 。 7月19日(水)、8月16日(水)、17日(木)、9月20日(水)休館。
    チケットを買う https://kibibi.or.jp/visit-information/e-ticket/
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト https://kibibi.or.jp/
    会場
    きび美ミュージアム
    住所
    〒7100046 岡山県倉敷市中央1-4-22「くらしき宵待ちGARDEN」内
    0864258080
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    福岡市職員【文化学芸職】(資料保存)募集! [福岡市博物館]
    福岡県
    福岡市職員〈文化学芸職〉【古文書】採用選考ご案内のご案内 [福岡市総合図書館]
    福岡県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと77日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと65日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと65日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    日本科学未来館 | 東京都
    刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
    開催中[あと86日]
    2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと8日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)