インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  東芝未来科学館
pickup museum

東芝未来科学館

近未来のイメージでまとめられたエントランス
2014年1月31日、川崎駅前の川崎ラゾーナ地区に新しい企業ミュージアム「東芝未来科学館」が誕生。川崎の新名所は、連日多くの人で賑わっています。
ウェルカムゾーンは、横9mの巨大スクリーン
フューチャーゾーンには解説パネルとアミューズメント性あふれる機器が
こどもたちの一番人気が、ライド型の「ナノライダー」
「マチスキャナー」で、まちのしくみをのぞいてください
体をビジュアルで分析する「キミセンサー」
サイエンスショーは毎日開催
先代は企業ミュージアムの先駆け
明治の昔から約140年の歴史を誇る大手総合電機メーカー、東芝。以前は同じ川崎市に東芝科学館という企業ミュージアムがあった事をご存じの方もいるかもしれません。

前身の東芝科学館は、なんと東京五輪より前の1961年に開館。今でこそ企業がミュージアムをつくるのは珍しくありませんが、この時代の取り組みとしてはかなり先進的。まさに日本の企業ミュージアムの草分けといえる存在でした。

東芝科学館は2006年に来館者800万人を達成するなど多くのファンに親しまれましたが、開館から半世紀以上を経た事もあって、2013年に惜しまれながら閉館。かわって設けられたのが、今回ご紹介する東芝未来科学館です。

新しい東芝未来科学館は、場所も川崎駅前のラゾーナ地区に移転。以前は川崎駅からのアクセスがやや不便でしたが、新しいミュージアムはJR川崎駅に隣接。雨天でも気軽に訪れる事ができます。

歓声があふれる4つのゾーン
館内は4つのゾーンで構成されています。まずエントランス近くのウェルカムゾーンでは、横9mの大型スクリーンで東芝が目指す近未来の映像でご案内。センサーを使ったゲームも楽しめます。

続くヒストリーゾーンは、東芝創業者の田中久重、藤岡市助が作った製品や、東芝が生んだ日本初・世界初の製品や技術を紹介。

施設のメインといえるのがフューチャーゾーン。6つのテーマごとに、最新の技術を使ったアミューズメント性あふれる装置が用意されています。

サイエンスゾーンには5種類の実験コーナーが。ステージでは連日、科学実験イベントが開催されています。

近未来をイメージしたデザインの館内には、いつでもこどもの歓声があふれています。

デートでも◎
開館後の出足は好調で、意識していたこどもたちはもちろん、外国からのお客様も多数。ファミリーから団体まで、さまざまの層に支持されています。

毎日開催されているサイエンスショーのほか、小学校低学年生から中学生を対象にした"科学実験工房"、未就学のこどもでも楽しめる"サイエンスクラブ"など、イベントも連日開催。予約が必要なイベントは、事前にWebメンバーに登録しておくと簡単に申し込みできます。

これだけの施設にも関わらず、なんと入館料は無料というのもポイント(イベントは有料のものもあります)。隣接するラゾーナ川崎プラザはシネコンも入る大型ショッピングモールなので、デートでもオススメできるスポットです。

(取材:2014年5月28日 写真・文:インターネットミュージアム)

「科学館だからといって、堅苦しく考えないでください。まずは、楽しんでもらう事が一番です。その中で、少し科学に興味を持っていただければと思っています」
東芝未来科学館の
中山純史 館長

movie clip
館内は大映像のウェルカムゾーンから。ヒストリーゾーンでは創業者ゆかりの品々や、東芝が製品化した数々の一号機を紹介。
フューチャーゾーンには大人も楽しめる機器がいっぱい。サイエンスゾーンでは科学館ではおなじみの静電気発生装置も楽しめます。
 
館名東芝未来科学館
所在地 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F
TEL : 044-549-2200
HP : http://toshiba-mirai-kagakukan.jp
開館時間 火~金曜日 10:00~18:00
土・日・祝 10:00~19:00
入館料 無料
休館日 月曜日(祝日を除く)、当館の定める日

第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社