インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  被災の松を使った如来坐像がお披露目

ニュース

被災の松を使った如来坐像がお披露目
(掲載日時:2012年02月06日)
東日本大震災の津波で流された松を使い、京都の学生が制作した仏像が、ほぼ完成。2012年2月4日(土)にお披露目された。

京都府南丹市の京都伝統工芸大学校が清水寺の森清範貫主から、同寺の国重要文化財「大日如来坐像」の模刻(複製)の依頼を受けてつくったもの。

岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」の松を寄せ木にして、2011年8月から制作。

途中で岩手県や宮城県に持ち込み、被災者約3500人にノミ入れをしてもらった。昨年11月には、国賓として来日したブータンのワンチュク国王夫妻もノミを入れた。

仏像は2012年2月10日~19日、京都市中京区の京都伝統工芸館で開かれる同校の卒業・修了制作展でも公開される。

今春、清水寺に奉納され、常時、公開される予定。
 


この記事に関連した記事


第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社