インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  「動く歩道」で鑑賞も ― 「国宝 鳥獣戯画のすべて」展が今夏開催

ニュース

「動く歩道」で鑑賞も ― 「国宝 鳥獣戯画のすべて」展が今夏開催
(掲載日時:2020年02月13日)
展覧会を説明する、担当の土屋貴裕 主任研究員(東京国立博物館 学芸企画部企画課特別展室)
展覧会を説明する、担当の土屋貴裕 主任研究員(東京国立博物館 学芸企画部企画課特別展室)

日本絵画史上、もっとも有名な作品のひとつといえる国宝「鳥獣戯画」4巻を、一挙に公開する展覧会が開催される事となり、2020年2月13日(木)、都内で記者発表が行われた。

国宝「鳥獣戯画」は、2015年にも東京国立博物館で「鳥獣戯画 ─ 京都 高山寺の至宝 ─」展が開催されるなど、しばしば展覧会で公開されてきたが、今回は、甲・乙・丙・丁の4巻の全場面を、44日の会期中、通期で展示。展覧会では史上初の試みとなる。

この展示により、例えば甲巻は、前半と後半で制作年代が違うと言われているが、これまでの巻き替えての展示では違いが分かりにくかった。全場面の同時展示で、その違いを楽しむ事もできる。

さらに、鑑賞に際しては「動く歩道」を導入。「鳥獣戯画 甲巻」のケース前に「動く歩道」を設置し、絵巻を巻き広げながら鑑賞するような動きを体験できるとともに、全ての鑑賞者が作品を間近で見ることができるようになる、としている。

「動く歩道」は空港などに設置されているものと同基準で、本展のために製造。速度については、鑑賞に適したスピードを、現在調整している。見終わった後に再度鑑賞するためには、もう一度「動く歩道」に乗り直して見る事となる。

「動く歩道」が設けられるのは、著名な場面が多く、人気が高い甲巻のみだが、展覧会では他の3巻にも注目。特に「丙巻の人物は、これまで言われてきた鎌倉時代ではなく、平安時代の作ではないか」(土屋研究員)とも指摘し「今回の展覧会は丙巻推し」(同)と強調した。

展覧会は「国宝 鳥獣戯画のすべて」「鳥獣戯画の断簡と模本」「明恵上人と高山寺」の三章構成。国宝「鳥獣戯画」以外も、原本で失われた場面を留める模本を、国内外から集めて展示。「鳥獣戯画」が伝わる高山寺の秘仏で、普段は公開されていない重要文化財「明恵上人坐像」は、27年ぶりに寺外で公開される。

展覧会は東京オリンピック・パラリンピックの時期にあたるが、この時期の展覧会として「日本美術を代表し、子どもから大人まで楽しめるもの」(井上洋一 東京国立博物館副館長)で企画を進めたところ、鳥獣戯画に決まったという。

展覧会のチラシは表がピンク、裏が黄色という大胆なデザイン。「長い東博の歴史の中で、ここまで振り切ったポスターは初めて」(土屋研究員)だが、反響は良いという。

特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」は2020年7月14日(火)~8月30日(日)、東京国立博物館 平成館 特別展示室で開催。入場料は一般 1,700円、大学生 1,200円、高校生 900円。それぞれ200円引きの前売券、ハンディファンとセットになった前売券(3,000円)は、4月18日(土)発売。

国宝 鳥獣戯画 甲巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期
国宝 鳥獣戯画 甲巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期

国宝 鳥獣戯画 丙巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期
国宝 鳥獣戯画 丙巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期

重要文化財 明恵上人坐像 鎌倉時代 13世紀 京都・高山寺 通期
重要文化財 明恵上人坐像 鎌倉時代 13世紀 京都・高山寺 通期

 



取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社