インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国宝 雪松図と動物アート

国宝 雪松図と動物アート

■応挙の傑作、今年も登場
【会期終了】 今年もこの季節がやってきました。年末年始の三井記念美術館では恒例となった、国宝《雪松図屏風》の登場です。今回は動物に焦点を当て、動物が描かれた絵画や、動物をかたどった茶道具や工芸品をセレクトしました。
「その時期にしか見られない」逸品を持つ美術館はいくつかありますが、東京で有名なのは、おそらくこの3点でしょう。GW前後の根津美術館《燕子花図屏風》、お正月の東京国立博物館《松林図屏風》、そしてこの三井記念美術館の《雪松図屏風》です(いずれも国宝)。

東京で暮らしていると当たり前のように思いがちですが、その気になれば気軽に国宝の逸品を見に行けるという事は、美術ファン冥利に尽きるというもの。今年も眼福のひとときを満喫させて頂きたいと思います。

今回の展覧会では、動物をテーマにした名品を同時に紹介。龍や獅子など想像上の動物も含めて、茶道具、絵画、工芸品などが並びます。

まずは茶道具から。十二支が象られた丸釜、兎を彫った楽茶碗、味わいがある象の香炉など。野々村仁清《信楽写兎耳付水指》は、公式サイトの写真では分かりにくいですが、横に回ると兎の耳が張り出しています。

国宝《雪松図屏風》は、例年のように展示室4の正面に鎮座しています。雪の中の松の姿を墨と金泥のみで表現した、円山応挙の傑作。雪の部分は紙の地色のため、雪景色にも関わらず「雪を描いていない」絵画でもあります。



展示室4の絵画は、他も見どころがたくさん。沈南蘋《花鳥動物図》は、全11幅のうち動物が描かれている6幅を展示。沈南蘋が描く動物は、どことなく不気味です。

長沢芦雪の《白象黒牛図屏風》は特別出品。同じ図柄は、エツコ&ジョー・プライスコレクションと、島根県立美術館にも所蔵されていますが、こちらは新出・初公開になります。

茶室「如庵(じょあん)」では、国宝《志野茶碗(銘卯花墻)》も展示。日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは、本阿弥光悦の白楽茶碗(銘不二山)と、この卯花墻の2碗のみです。

展示室5は茶道具と工芸品。これまであまり展示されなかった《唐三彩馬》や《銀製白鹿置物》のほか、自在や牙彫などの「超絶技巧」系の工芸も並びます。

《染象牙貝尽置物》は安藤緑山ですが、今まで「ろくざん」と読まれる事が多かった緑山は「りょくざん」が正しいとの事。近年ご遺族が見つかって、履歴が明らかになりました。

展示室7は絵巻・仮面・漆絵額など。《十二類合戦絵巻》は、十二支の動物たちvs狸+その一味(狼・熊・狐など)の合戦。《狂言面 狐》はとてもリアルな表現です。

象彦は今日まで続く京都の漆匠。4点紹介されている象彦の漆絵額の中で、大型の《遊鯉蒔絵額》は圧巻。餌に群がる鯉の姿を写実的に表現しました。

国宝《雪松図屏風》は年明けから登場する事もありますが、今年は会期中を通して展示中。ゆっくり観覧したい方は、年内のほうが良いかもしれません。お早目にどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年12月13日 ]

美術展完全ガイド2019美術展完全ガイド2019

晋遊舎(編)

晋遊舎
¥ 1,080

 
会場三井記念美術館
開催期間2018年12月13日(木)~2019年1月31日(木)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 国宝 雪松図と動物アート 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社