インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕100年 船田玉樹

生誕100年 船田玉樹

■「画神」に取り憑かれた画家
【会期終了】 戦前・戦中は日本画を基礎にした前衛表現を追究。戦後は郷里にこもり、クモ膜下出血に倒れてからもひたすらに絵の道を追求し続けた船田玉樹(ふなだぎょくじゅ)。生誕100年の回顧展が、練馬区立美術館で開催中です。
船田玉樹(本名:信夫)は1912(大正元)年、広島生まれ。画業の初期は油彩でしたが、琳派の展覧会に感銘を受けて日本画への転向を決意。速水御舟、小林古径に師事します。

従来の手法に留まらない革新的な作品も発表し、1928(昭和13)年には岩橋英遠や丸木位里らと「歴程美術協会」を結成。シュルレアリスムや抽象主義なども積極的に取り入れました。


会場

1944(昭和19)年に入隊も、健康上の理由で除隊。広島に帰り、以後は生涯故郷で創作を続けました。

終戦後には日本美術院展(院展)に復帰。次々に大作を発表していきますが、大画面化を批判する声に反発して1963(昭和34)年に院展を脱退、サイズ制限がなかった振興美術院で作品を発表するようになりました。

展覧会にもかなり大きな作品が多数展示されています。


会場

玉樹は還暦を過ぎた1974(昭和49)年暮れに、クモ膜下出血で倒れてしまいます。一時は目も見えず、医師からも回復の見込みが低いと告げられました。

奇跡的に快方に向かうも、肝心の右半身が不自由に。それでも玉樹は右手での創作にこだわり、油彩での自画像からはじめて懸命に描き続け、ついには以前の感覚まで回復していきました。


会場

大病の後の玉樹は、絵のみに集中する制作三昧の生活となります。

下の動画でご紹介する満開の桜を描いた《枝垂れ桜》も、回復後の作品。描かれているのは静かな大樹ですが、強い迫力で私たちに迫ってきます。屏風の下に置かれた台に映る桜も美しく、まさに「精緻にして絢爛、端麗にして華美、そして豪胆」な境地に達しています。


《枝垂れ桜》

展覧会では“「画神」に取り憑かれた画家”とも紹介されていた玉樹。それほど知られているとは言えない作家ですが、優れた企画展を連発している練馬区立美術館らしい、見ごたえがある展覧会です。(取材:2012年7月24日)

独座の宴

船田 玉樹 (著)

求龍堂
 

会場練馬区立美術館
開催期間2012年7月15日(日)~9月9日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会詳細へ 生誕100年 船田玉樹 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社