インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「中国 王朝の至宝」

特別展「中国 王朝の至宝」

■歴代王朝の至宝が対決
【会期終了】 壮大な歴史の中で、数々の王朝が栄枯盛衰を繰り返していった中国。歴代王朝の至宝を‘対比展示’で見せる、日中国交正常化40周年記念の特別展が東京国立博物館ではじまりました。
中国最古の王朝といわれている‘夏’から、近世への扉を開けた‘宋’までを紹介する本展。168点の文物うち、約6割は中国の国宝にあたる「一級文物」という豪華版です。

会場は全七章で構成されています。
 第一章 王朝の曙「蜀」と「夏・殷」
 第二章 群雄の輝き 「楚」と「斉・魯」
 第三章 初めての統一王朝 「秦」と「漢」
 第四章 南北の拮抗 「北朝」と「南朝」
 第五章 世界帝国の出現 「唐」 ~長安と洛陽~
 第六章 近世の胎動 「遼」と「宋」


会場

展覧会は‘対比展示’が見どころになっています。

例えば、紀元前2000~1100年頃。中原(中国の中心。黄河の中流域で現在の河南省の辺り)に夏や殷などが栄えていた時代に、長江上流の四川盆地にあった古代蜀は、全く別の文化を持っていました。

精緻かつ強靭な青銅器を使っていた夏・殷に対し、金の薄板を加工した製品が多く見つかった蜀。今までの中国の歴史展では中原の歴史が中心的でしたが、両者を比較して見せることで、新しい文脈で中国の文化史を展観します。


第六章では「遼」と「宋」を対比して展示

展覧会のメインビジュアルになっているのは兵馬俑。ご存知、秦の始皇帝の巨大な陵墓から発掘されました。表情はもとより、衣類の皺までも見事に表現されています。

兵馬俑は、秦と漢という統一王朝で対比展示されています。リアルな秦の兵馬俑に対し、漢の陶俑は様式的な美しさに溢れています。


龍と、二体の兵馬俑

会場の最後に展示されているのが、特別出品の阿育王塔(あいくおうとう)。2008年に出土したばかりの仏塔です。

インドのアショーカ王(阿育王)の名を冠した阿育王塔は、通常は20センチ程度ですが、なんとこの塔は120センチ。黄金色の表面は水晶やメノウなどで飾り付けられ、側面には仏教の説話が彫り込まれています。地元の南京市以外では初公開という逸品です。


特別出品の阿育王塔(宋)

田中角栄と周恩来の両首相が固く固く握手をしてから40年。残念ながら両国間は決して好ましい状態にあるとはいえませんが、無事に展覧会が開催されることは喜ばしい限りです。東京展の後には神戸市立博物館、名古屋市博物館、九州国立博物館に巡回します。

中国では今世紀に入ってからも考古学的な発見が続いています。ケタ違いの歴史的スケールを誇る中国、今後の研究成果にも期待したいと思います。(取材:2012年10月9日)

中国四千年

周 剣生 (写真)

ニュートンプレス
¥ 2,940

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立博物館
開催期間2012年10月10日(水)~12月24日(月・休)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://china-ocho.jp/
展覧会詳細へ 特別展「中国 王朝の至宝」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社