インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  はじまりは国芳 ― 江戸スピリットのゆくえ

はじまりは国芳 ― 江戸スピリットのゆくえ

■企画展100本目は、奇想からの大河
【会期終了】 1989年に開館した横浜美術館。近年も奈良美智、マックス・エルンスト、松井冬子と話題の企画展を続々と開催し、常に美術ファンの注目を集めています。企画展がついに100本目に到達、初日はおおいに賑わいました。
記念すべき100本目にあたるのは、歌川国芳(うたがわくによし)とその系譜を辿る企画です。

幕末の浮世絵師、歌川国芳。卓越した構成力とユーモアあふれる作品で、「奇想の画家」もすっかりメジャーになりました。近年は何度も回顧展が開催されています。

今回の展覧会は国芳だけでなく、その門弟と一派に着目。国芳という源泉から、日本美術史に大きく広がっていた大河を全4章で展観していきます。

第1章:歌川国芳と幕末明治の絵師たち
(歌川国芳、歌川芳虎、歌川芳艶、歌川芳藤、落合芳幾ほか)
第2章:歌川国芳と近代日本画の系譜
(河鍋暁斎、月岡芳年、水野年方、鏑木清方、鰭崎英朋ほか)
第3章:歌川国芳と洋風表現:五姓田芳柳とその一派
(五姓田芳柳、五姓田義松、渡辺幽香ほか)
第4章:郷土会の画家たちと新版画運動
(鏑木清方、寺島紫明、伊東深水、川瀬巴水、笠松紫浪ほか)

多数の弟子をもっていた国芳。その中でも最も師の本領を受け継いだといわれているのは、月岡芳年(つきおかよしとし)です。師ゆずりの武者絵、役者絵、美人画などで活躍。血みどろの「無残絵(残酷絵)」でも知られています。

河鍋暁斎(かわなべきょうさい)もずば抜けた才能を持つ弟子でした。幕末から明治にかけ、暁斎も多くの戯画、風刺画などを残しています。

別の系譜として、洋風表現で一派をなした五姓田芳柳(ごせだほうりゅう)もいます。芳柳は後に「横浜絵」とよばれる和洋折衷画を描きはじめ、この一派は後年には日本初の洋画の美術団体である明治美術会などにつながっていきます。

月岡芳年の流れはさらに広がり、弟子には歴史画の水野年方(みずのとしかた)、孫弟子に物語絵・風俗画の鏑木清方(かぶらききよかた)、さらにその弟子には伊東深水(いとうしんすい)や寺島紫明(てらしましめい)などが連なり、日本画の大きな流れとなりました。


会場展示風景

取材した2012年11月3日(土)は、横浜美術館開館記念日と企画展100本目を記念して展覧会は無料公開。館内は多くの来館者で賑わっていたため、いつもの動画レポートは1本しかご紹介できませんが、みどころ満載の豪華展です。

版画・日本画が多いので、作品保護の理由から前期と後期で展示替えがあります(前期は12月5日まで、後期は12月7日から)。大判三枚続の髑髏の浮世絵、歌川国芳「相馬の古内裏」は前期、妖しい目つきのマーメイド、鏑木清方「妖魚」は後期。両方とも堪能してください。和装で行けば100円割引です!(取材:2012年11月3日)

奇想の天才絵師 歌川国芳

新人物往来社 (編集)

新人物往来社
¥ 2,205

 
会場横浜美術館
開催期間2012年11月3日(土・祝)~2013年1月14日(月・祝)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://www.yaf.or.jp/yma/
展覧会詳細へ はじまりは国芳 ― 江戸スピリットのゆくえ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社