インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕100周年記念 中原淳一展

生誕100周年記念 中原淳一展

■日本女性を覚醒したマルチクリエーター
【会期終了】 戦前から戦後にかけて多くの女性たちを魅了した中原淳一。生誕100周年を記念した展覧会が、そごう美術館に巡回してきました。
「それいゆ」「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などの雑誌編集、表紙画や挿絵の制作、ファッションの提案、インテリアデザイン、人形制作、タレントの発掘、ミュージカル衣装の制作…。中原淳一は肩書きをつけるのが難しいほど、多彩な分野で活躍したマルチクリエイターです。

本年は、中原淳一の生誕100周年かつ、没後もちょうど30年。本展は日本橋三越からスタートして横浜が3カ所目で、この後も大阪展、愛知展と続きます。

展覧会の冒頭は雑誌「それいゆ」の表紙から。「それいゆ」は中原淳一が編集した初めての雑誌で、記事の内容はもちろん執筆者の選定、グラビアで使うモデルや背景、ページ割りなどの細部まで自ら手がけました。


「それいゆ」の表紙と、戦前に開店した中原の店「ヒマワリ」の商品

展覧会は「中原淳一の世界」「あなたらしくあること ─ ファッションデザイナーとして」「生活を美しくする ─ ライフスタイルの提案」「多彩な才能」の4章構成です。

中原淳一が生涯に制作した作品は1万点を超えるといわれており、広いジャンルで旺盛に制作を続けました。


「それいゆ」表紙原画、ヘアスタイルの提案、ブラウスのデザイン、スタイルブック…

会場には、中原が「ひまわり」で提案した少女のための部屋も再現されています。

戦後の混乱が続く1950年前後の日本。少女が個室を持つことは現実的ではありませんでしたが、布をはぎ合わせて敷物にしたり、出窓を椅子代わりにしたりと、制約がある中でも工夫を凝らしたインテリアを提案してます。


再現された部屋も含めて、会場には写真撮影できる場所が3カ所あります。

最終章では、中原が描いたシンデレラのドレスをファッションデザイナーの丸山敬太さんが再現した展示なども。晩年に不自由な身体で制作した人形も紹介されています。


第4章「多彩な才能」

戦前・戦後の厳しい時代でも「女性は美しくあって欲しい」という強い信念を持っていた中原。「女性が美しくなる日本は幸せになる」というようなコピーをどこかで見ましたが、中原も同じ思いだったのでしょう。その一途な思いは、今でも私たちの心をとらえます。(取材:2013年6月5日)

100周年の詳細情報はこちら → http://www.junichi-nakahara.com



会場そごう美術館
開催期間2013年6月1日(土)~2013年7月15日(月)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
TEL : 045-465-5515
HP : http://www.sogo-gogo.com/museum/
展覧会詳細へ 生誕100周年記念 中原淳一展 詳細情報
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社