インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900

ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900

■「美しさ」だけを追い求めて
【会期終了】 産業革命で繁栄した19世紀の半ばの英国。物質的な豊かさだけでなく、美にみちた生活の重要性を唱える「唯美主義」を紹介する展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
さまざまな様式が入り乱れていた、この時代の英国。慣習や約束事から離れて「新しい美」を追及する欲求は、唯美主義という運動を生み出しました。本展は、唯美主義を本格的に紹介する展覧会としては、日本で初の試みとなります。

会場に入ってすぐ目に入る横長の作品は、エドワード・バーン=ジョーンズの《ヘスベリデスの園》。バーン=ジョーンズのパトロンの邸宅を飾るために作られた浅浮彫りです。鮮やかな金色で、ウィリアム・モリスによる青い壁掛けとの調和を図りました。


エドワード・バーン=ジョーンズ《ヘスベリデスの園》

唯美主義は、ラファエル前派の流れを汲む芸術家だけでなく、デザイナーやアカデミー派の画家たちも巻き込んでいきます。

ラファエル前派のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティによる《愛の杯》は、ハートの模様がついた杯を手に、夢見るような表情でこちらを見つめる女性を描いた作品。国立西洋美術館の所蔵です。

並んで展示されているのは、アカデミー画家のフレデリック・レイトンによる《パヴォニア》。「パヴォニア」は孔雀のことで、古来から美のシンボル。すなわち絵の主題が、ずばり「愛」です。ちなみにレイトンは、独身で男爵になった翌日に狭心症で急死したため、男爵家が1日で断絶したという珍しい経歴の持ち主です。


順に、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《愛の杯》 / フレデリック・レイトン《パヴォニア》

奥に進むと、大型の作品も次々に登場します。

アルバート・ムーア《黄色いマーガレット》は、郡山市立美術館の所蔵。ムーアは、古典的な布をまとった優美な女性像を数多く制作しました。

赤いドレスを身に着けた上品な女性は、ウイリアム・ブレイク・リッチモンドによる《ルーク・アイオニディーズ夫人》。著名な美術収集家だったアイオニディーズ家の夫人を描きました。

高さ248.9cmと迫力ある大作は、ジョージ・フレデリック・ワッツ《愛と死》。翼をつけた天使の「愛」が、巨大な「死」に立ち向かっている作品で、1877年の発表時にも大きな評判になりました。


順に、アルバート・ムーア《黄色いマーガレット》 / ウイリアム・ブレイク・リッチモンド《ルーク・アイオニディーズ夫人》 / ジョージ・フレデリック・ワッツ《愛と死》

身の回りの生活に「新たな美」を求めた唯美主義。その傾向は、テキスタイルや家具などにも見ることができます。

発想の源として取り入れられたのが、開国したばかりの日本からもたらされた美術品。ジャポニスムを感じさせるマガジンラックなども紹介されています。


テキスタイルや家具なども

派手な身なりで世間の注目を集め、1880年代には唯美主義の旗手となったのが、作家のオスカー・ワイルドです。ビアズリーが挿絵を描いた戯曲「サロメ」も評判となりました。

オスカー・ワイルドは1895年に同性愛の罪で収監。象徴が下野したため、唯美主義の運動は下火になっていきますが、その感性は研ぎ澄まされ、デカダンスの世紀末芸術に繋がっていきました。


黒と白の線描が特徴的な、ビアズリーの挿絵

展覧会メインビジュアルのアルバート・ムーア《真夏》は、会場の一番最後で紹介されています。

東洋風の扇子を持つ女性に挟まれて、椅子に座って居眠りをする女性。官能的に透けた薄衣の上に、目に鮮やかな明るいオレンジ色のローブ。細かな装飾がなされた椅子には、マリーゴールドの花環が掛けられています。時間が止まったかのように思える、魅力的な作品です。


アルバート・ムーア《真夏》

従来の美術の常識に異を唱えたラファエル前派の運動から繋がっている唯美主義。ラファエル前派~唯美主義の流れは、19世紀半ばから世紀末にかけて「英国美術の黄金時代」を築きました。チケットの提示で森アーツセンターギャラリーで4月6日(日)まで開催中の「ラファエル前派展」との相互割引も受けられます。あわせてお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月29日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2014年1月30日(木)~5月6日(火)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/beautiful/
展覧会詳細へ ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社