インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900

ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900

■「美しさ」だけを追い求めて
【会期終了】 産業革命で繁栄した19世紀の半ばの英国。物質的な豊かさだけでなく、美にみちた生活の重要性を唱える「唯美主義」を紹介する展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
さまざまな様式が入り乱れていた、この時代の英国。慣習や約束事から離れて「新しい美」を追及する欲求は、唯美主義という運動を生み出しました。本展は、唯美主義を本格的に紹介する展覧会としては、日本で初の試みとなります。

会場に入ってすぐ目に入る横長の作品は、エドワード・バーン=ジョーンズの《ヘスベリデスの園》。バーン=ジョーンズのパトロンの邸宅を飾るために作られた浅浮彫りです。鮮やかな金色で、ウィリアム・モリスによる青い壁掛けとの調和を図りました。


エドワード・バーン=ジョーンズ《ヘスベリデスの園》

唯美主義は、ラファエル前派の流れを汲む芸術家だけでなく、デザイナーやアカデミー派の画家たちも巻き込んでいきます。

ラファエル前派のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティによる《愛の杯》は、ハートの模様がついた杯を手に、夢見るような表情でこちらを見つめる女性を描いた作品。国立西洋美術館の所蔵です。

並んで展示されているのは、アカデミー画家のフレデリック・レイトンによる《パヴォニア》。「パヴォニア」は孔雀のことで、古来から美のシンボル。すなわち絵の主題が、ずばり「愛」です。ちなみにレイトンは、独身で男爵になった翌日に狭心症で急死したため、男爵家が1日で断絶したという珍しい経歴の持ち主です。


順に、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《愛の杯》 / フレデリック・レイトン《パヴォニア》

奥に進むと、大型の作品も次々に登場します。

アルバート・ムーア《黄色いマーガレット》は、郡山市立美術館の所蔵。ムーアは、古典的な布をまとった優美な女性像を数多く制作しました。

赤いドレスを身に着けた上品な女性は、ウイリアム・ブレイク・リッチモンドによる《ルーク・アイオニディーズ夫人》。著名な美術収集家だったアイオニディーズ家の夫人を描きました。

高さ248.9cmと迫力ある大作は、ジョージ・フレデリック・ワッツ《愛と死》。翼をつけた天使の「愛」が、巨大な「死」に立ち向かっている作品で、1877年の発表時にも大きな評判になりました。


順に、アルバート・ムーア《黄色いマーガレット》 / ウイリアム・ブレイク・リッチモンド《ルーク・アイオニディーズ夫人》 / ジョージ・フレデリック・ワッツ《愛と死》

身の回りの生活に「新たな美」を求めた唯美主義。その傾向は、テキスタイルや家具などにも見ることができます。

発想の源として取り入れられたのが、開国したばかりの日本からもたらされた美術品。ジャポニスムを感じさせるマガジンラックなども紹介されています。


テキスタイルや家具なども

派手な身なりで世間の注目を集め、1880年代には唯美主義の旗手となったのが、作家のオスカー・ワイルドです。ビアズリーが挿絵を描いた戯曲「サロメ」も評判となりました。

オスカー・ワイルドは1895年に同性愛の罪で収監。象徴が下野したため、唯美主義の運動は下火になっていきますが、その感性は研ぎ澄まされ、デカダンスの世紀末芸術に繋がっていきました。


黒と白の線描が特徴的な、ビアズリーの挿絵

展覧会メインビジュアルのアルバート・ムーア《真夏》は、会場の一番最後で紹介されています。

東洋風の扇子を持つ女性に挟まれて、椅子に座って居眠りをする女性。官能的に透けた薄衣の上に、目に鮮やかな明るいオレンジ色のローブ。細かな装飾がなされた椅子には、マリーゴールドの花環が掛けられています。時間が止まったかのように思える、魅力的な作品です。


アルバート・ムーア《真夏》

従来の美術の常識に異を唱えたラファエル前派の運動から繋がっている唯美主義。ラファエル前派~唯美主義の流れは、19世紀半ばから世紀末にかけて「英国美術の黄金時代」を築きました。チケットの提示で森アーツセンターギャラリーで4月6日(日)まで開催中の「ラファエル前派展」との相互割引も受けられます。あわせてお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月29日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2014年1月30日(木)~5月6日(火)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/beautiful/
展覧会詳細へ ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社