インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  探幽3兄弟展 ~狩野探幽・尚信・安信~

探幽3兄弟展 ~狩野探幽・尚信・安信~

■[質画 < 学画]→ 400年の繁栄
【会期終了】 江戸初期の狩野派を代表する狩野探幽(かのうたんゆう)。実は弟の尚信(なおのぶ)、安信(やすのぶ)も幕府の御用絵師でした。
本展は、偉大な兄の陰に隠れていた弟たちにもスポットを当てて3兄弟の画業を紹介する企画展。ただ、長幼の序もありますので、やはり長兄の探幽からご紹介しましょう。

狩野永徳の再来ともいわれた探幽。11歳で徳川家康に拝謁、16歳で徳川幕府に召し抱えられた、早熟の天才画家です。

桃山時代の狩野派は、時の権力者の威光を意識した豪壮な画風を得意にしていましたが、探幽は余白を大胆に活かし、瀟洒淡麗な独自の世界をつくり上げました。新しい時代が求める絵画を敏感に察知した、先進的な芸術家といえるでしょう。


狩野探幽《富士山図》(板橋区立美術館)

尚信は探幽の5歳下です。探幽が別家を立てていたため、父・孝信の家督を継いだのは尚信でした。

見事な余白の活かし方は兄の探幽ゆずりですが、さらに軽快な趣き。次男ならではの伸び伸びとした雰囲気が伝わってくるようです。

尚信は、残念ながら44歳で死去。岡倉天心も「長生すれば、兄に優りしならん」と、その早世を惜しんでいます。


狩野尚信《富士見西行・大原御幸図屏風》(板橋区立美術館)

安信は探幽の11歳下。狩野宗家の貞信(3兄弟の従兄)が若くして死去したため、養子となって宗家を継いだのは安信でした。

安信は、狩野家の継承者である事を強く意識していました。著した画論『画道要訣』の冒頭で、その想いが綴られています。

曰く、絵画には天性の才能で描く“質画”と、学んで習得する“学画”がある。狩野家では、質画ではなく学画を第一にする、と。

個々の才能に頼るのではなく、技術を体系化して後進に伝える。安信の合理的な考えがあったからこそ、狩野派は400年の長きに渡って画壇に君臨し続けたのです。


狩野安信《竹虎図屏風》(浄福寺) / 狩野安信《人物花鳥画帖》(板橋区立美術館)

会場には東京・池上本門寺にある3兄弟の位牌も展示されています。狩野家は熱心な法華宗の信徒で、江戸進出以降は池上本門寺を菩提寺にしていました。

狩野家の家紋で飾られた大きな位牌は、探幽のもの。尚信は、夫婦仲良く戒名を並べて合祀。安信の位牌は一番小ぶりですが、裏側に妻・子・舅など5霊を合わせて祀っています。


右から狩野探幽、尚信、安信の位牌(池上本門寺)

探幽・尚信・安信の3兄弟に焦点をあてた企画は、本展が初めてです。会期の途中でほぼ全作品が展示・場面替え(前期は3月16日(日)まで、後期は3月18日(火)から)されるため、前期の有料チケット半券の提示で、後期は半額で観覧できます(割引の併用は不可)。三者を比べて、共通点とそれぞれの個性をお楽しみ下さい。

なお本展は2014年4月19日(土)~6月1日(日)、群馬県立近代美術館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年2月26日 ]

もっと知りたい狩野派―探幽と江戸狩野派

安村 敏信 (著)

東京美術
¥ 1,890

 
会場板橋区立美術館
開催期間2014年2月22日(土)~3月30日(日)
所在地 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL : 03-3977-1000(テレホンサービス)
HP : http://www.itabashiartmuseum.jp/art/
展覧会詳細へ 探幽3兄弟展 ~狩野探幽・尚信・安信~ 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社